Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】+メッセージ(プラスメッセージ)について

この記事をシェアする

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモの+メッセージ(プラスメッセージ)アプリについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「この記事を読む事で」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。


また、現在はドコモの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

この記事を読む事で

+メッセージ(プラスメッセージ)アプリについて分かります。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

+メッセージとは

電話番号だけで送受信が出来るショートメールの機能拡張版です。

※ドコモはショートメールのことをSMS(ショートメッセージサービス)と呼びます。

 

+メッセージは従来のSMS機能に加えて、色々な機能が追加されています。

 

+メッセージのポイント

+メッセージの追加された機能について解説します。

 

ドコモ、auソフトバンクが提供

+メッセージはドコモだけのアプリでは無く、au

ソフトバンクも提供しています。

 

パケット通信でやり取りが出来る

ショートメールの場合、1通あたりの送信料は文字数に応じて、3円から30円発生します。

 

これが+メッセージの利用者同士なら、パケット通信でやり取りが出来るようになります。

※もちろんWi-Fi環境下であれば、キャリアのデータ量は消費しません。

 

写真を送信できる

SMSの場合は文字のみの送信でしたが、+メッセージを利用者同士であれば、写真の送信ができるようになります。

 

LINEと同じように使える

+メッセージでは、スタンプを利用したり、グループでメッセージをやり取りしたり、既読まで確認ができます。

しかも、スタンプについては全て無料で使えるようになっています。

 

さらに、公式アカウント(企業のアカウント)からのメッセージを受け取ることが出来ます。

 

+メッセージの悪い点

前述した通り良い機能はたくさん追加されましたが、その反面気をつけなければいけない悪い点もあります。

 

利用には準備が必要

+メッセージを利用する為には、アプリのダウンロードや規約の同意、初回起動時はキャリアの通信が必要となります。

 

利用者同士でないと普通のSMS

+メッセージで利用できるようになった機能は、+メッセージの利用者同士でないと使えません。

 

相手が+メッセージの利用をしていない場合は、通常のSMSとして送信されます。

 

メリットがある相手が限られる

+メッセージのメリットは利用者同士でないと得られません。

+メッセージを利用しない、または利用ができない相手とは従来通りSMSになります。

 

また、LINEよりも後発のアプリなもで、既にLINEで繋がっている人とは、改めて+メッセージでやり取りをする必要性がほぼ無いです。

 

iPhone同士のやり取りでも同じで、iPhoneの場合はiMessageという便利な機能があるので、そちらで既にやり取りをしている場合は、改めて+メッセージでやる必要性がないと言えます。

 

+メッセージアプリのダウンロード

+メッセージのアプリはiPhoneApp Storeから、AndroidはPlayストアから無料でダウンロードができるようになっています。

 

iPhoneを使ってる方はこちらからダウンロードも出来ます。

 

また、Androidの最近の機種ではメーカーのSMSが無くなって、+メッセージのアプリが初期搭載されているものがほとんどです。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はドコモの+メッセージ(プラスメッセージ)アプリについて記事にしました。

 

+メッセージは便利ではありますが、開始されるのが遅すぎました。

現状としてはLINEでやり取りをする方が圧倒的に多いので、自分が始めても相手が利用していないということが多いです。

 

それでは