Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

イオンカードセレクトについて調べてみた【クレジットカード】

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210404233006j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はクレジットカードのイオンカードセレクトについて調べてみたのでお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは2020年6月より、無料ではてなブログを運営しています。

最近ブログの表示速度などが気になり出し、そろそろ有料にしようかなと考えていました。

しかし、クレジットカードが必要な事がわかり、現在クレジットカードについて勉強中です。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

イオンカードセレクトとは

イオンカードセレクトとは、イオンクレジットサービス株式会社の発行するクレジットカードです。

1枚3役の優れもの

イオンカードセレクトは、1枚でクレジットカード、キャッシュカード、電子マネーWAONが利用可能な一体型カードです。

イオンカードセレクトの基本機能

イオンカードセレクトの基本機能は、以下のとおりです。

  • 年会費:永年無料
  • 家族会員:永年無料
  • ブランド:JCB / VISA / MasterCard
  • ポイント還元:200円につき1ポイント
  • ショッピング損害補償:年間50万円まで

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトのメリットは、以下のとおりです。

  • 銀行ATMで手数料が無料
  • 振込手数料が無料
  • 普通預金金利がおトクになる

銀行ATMで手数料が無料

イオンカードセレクトは、イオン銀行ATMの入出金手数料が24時間365日となります。

イオン銀行Myステージにもよりますが、提携ATM(ゆうちょ銀行、みずほ銀行)での入出金手数料も最大月5回無料となります。

ステージと提携ATM入出金無料回数

各ステージ毎の提携ATM入出金手数料無料回数は、以下のとおりです。

  • ブロンズステージ:月1回
  • シルバーステージ:月2回
  • ゴールドステージ:月3回
  • プラチナステージ:月5回

イオン銀行Myステージについては、デメリットでお伝えします。

振込手数料が無料

イオンカードセレクトは、イオン銀行間の振込の場合は手数料が無料になります。

イオン銀行Myステージにもよりますが、他行宛の振り込みも最大月5回無料となります。

ステージと他行振込手数料無料回数

各ステージ毎の他行振込手数料無料回数は、以下のとおりです。

  • ブロンズステージ:月0回
  • シルバーステージ:月1回
  • ゴールドステージ:月3回
  • プラチナステージ:月5回

イオン銀行Myステージについては、デメリットでお伝えします。

普通預金金利がおトクになる

イオンカードセレクトは、イオン銀行の対象取引を行うと、イオン銀行普通預金金利がおトクになります。

イオン銀行Myステージにもよりますが、普通預金金利が最大年0.10%となります。

ステージと普通預金金利

各ステージ毎の普通預金金利は、以下のとおりです。

  • ブロンズステージ:年0.01%
  • シルバーステージ:年0.03%
  • ゴールドステージ:年0.05%
  • プラチナステージ:年0.10%

イオン銀行Myステージについては、デメリットでお伝えします。

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトにもデメリットがあります。

イオン銀行Myステージ

イオンカードセレクトのメリットを最大にするためには、「イオン銀行Myステージ」のステージを上げる必要があります。

ステージは全部で4種類あり、特定の取引に応じて貰えるスコアによって決定します。

ステージと必要スコア

各ステージとスコアは以下のとおりです。

  • ブロンズステージ:20点以上
  • シルバーステージ:50点以上
  • ゴールドステージ:100点以上
  • プラチナステージ:150点以上
イオン銀行スコア

イオン銀行スコアは、取引ごとに配点が決まっていて、合計点数により翌々月のステージが決まります。

イオンカードの利用が18万円を超える場合やWAONの利用が9万円を超える場合は、それぞれ100点を獲得できるので、プラチナステージを目座せます。

また投資などをしている人であれば、プラチナステージに到達しやすいでしょう。

獲得ポイントが分散

イオンカードセレクトでは、支払いにより貯まるポイントが変わります。

クレジットカードとiD、Apple Payの支払い時は「ときめきポイント」が貯まり、WAONを利用するとWAONポイントが貯まります。

ときめきポイントをWAONへ交換出来ますが、交換が1,000ポイントからのためハードルが高いです。

まとめ

イオンカードセレクトは、キャッシュカードにクレジットカード機能がついた感じです。

メリットも銀行サービス寄りとなります。

WAONがついていますが、WAONのメリットをあまり感じ無いです。

年会費無料のクレジットカードなので、使ってみてメリットを最大限に活かせる人は、イオンゴールドカードに切り替えると良いでしょう。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はクレジットカードのイオンカードセレクトについて記事にしました。

 

正直クレジットカードについては、まだまだわかっていない事が多く、他のカードとも比較できていません。

この記事の内容で、アドバイスやご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。

 

LINE ストアで、ChikuさんのLINEスタンプも販売中です。

良かったら見てくださいね。


それでは。