Chiku blog

iPhone大好きChikuさんが、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【au】「povo」の料金やメリット・デメリットについて解説

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210114210951j:image

この記事は
「povoって何?」
「povoって安いけどお得なの?」
「povoにしてデメリットはある?」
こういった疑問にお答えします。

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は、auが発表した新プラン「povo」の料金やメリット・デメリットについて解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

povo(ポヴォ)とは

「povo(ポヴォ)」は、auが2021年3月に提供開始予定のオンライン専用新料金プランです。

povoの基本情報

「povo」は月額2,480円(税抜)で通話とインターネットが利用出来るプランです。

キャリアメールの提供はありません。

通話について

「povo」の通話について基本情報をまとめてみました。

  • 国内通話が30秒あたり20円
  • 5分間通話かけ放題が月額500円(税抜)
  • 通話かけ放題が月額1,500円(税抜)

インターネットについて

「povo」のインターネット(利用可能データ量)について基本情報をまとめてみました。

  • 1ヶ月に利用可能データ量が20GB
  • データ容量超過後の速度は最大1Mbps
  • 速度制限後は1GBあたり500円で追加可能
  • データ使い放題24時間が200円

povoのメリット

「povo」のメリットを挙げると、以下のようになります。

  • 3大キャリアで1番安い
  • オプションのトッピング形式
  • au回線を利用出来る

3大キャリアで1番安い

「povo」は最後に発表された事もあり、3大キャリアの中で1番料金が安いです。

  • 「ahamo(docomo)」:月額2,980円(税抜)
  • Softbank on LINE」:月額2,980円(税抜)
  • 「povo(au)」:月額2,480円(税抜)

5分間の無料通話が付いてはいないので、通話をほとんど利用しない人にとっては良いプランですね。

オプションのトッピング形式

「povo」は、ご利用状況に応じて以下のオプションが付けられます。

  • データ使い放題 24時間:24時間で200円
  • データ追加 1GB:1GB追加で500円
  • 5分以内通話かけ放題:月額500円
  • 通話かけ放題:月額1,500円/月

※ 表示金額は全て税抜です

データ量を使い過ぎた場合は 1GB毎に追加をしたり、大量のデータ量を使うと予めわかっている日は、データ通信を24時間だけ使い放題に出来ます。

また、通話も利用したい場合は、かけ放題のオプションをつける事も可能です。

au回線を利用出来る

「povo」は、auのブランドとして提供されます。

その為、格安SIMとは異なり、auの安定した回線をそのまま利用する事ができます。

povoのデメリット

「povo」には、以下に挙げるようなデメリットもあります。

  • 5Gは2021年夏提供開始予定
  • 通話オプションは別料金
  • オンライン専用ブランド
  • auから乗り換え扱い

5Gは2021年夏提供開始予定

「povo」は他のキャリアと比べると、5Gの提供が遅れ2021年夏となります。

5G端末が利用出来ますが、5G提供エリアにいても5Gが利用出来ない状況となります。

しかし、5G提供エリアはまだ局所的な為、現時点では大したデメリットではないと思います。

通話オプションは別料金

「povo」は通話オプションが別料金となります。

  • 5分間通話かけ放題:月額500円(税抜)
  • 通話かけ放題:月額1,500円(税抜)

電話をほとんど掛けない場合は、メリットにもなりますが、短い電話でも掛ける頻度が人は、月額有料の「かけ放題」オプションに入った方がお得になる場合があります。

しかし、通話オプションをつけると、月額料金がドコモ、ソフトバンクと同じになるので「3大キャリアで1番安い」メリットが失われます。

オンライン専用ブランド

「povo」はオンライン専用ブランドとなります。

その為、申し込みや各種手続き、操作方法などのサポートに至るまで、全てオンラインで行う必要があります。

「自分で調べる」「自分で手続きをする」という事が出来ない場合は、少しハードルが高いプランです。

auから乗り換え扱い

auをご利用中の方が、povoへプラン変更をする場合は、MNP(他社へ乗換)扱いとなります。

これにより継続年数がリセットされたり、auの割引サービスが適用されなくなる可能性があります。

auをご利用中の方は、現在どの割引(家族割や光セット割など)が適用中か、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は、auが発表した新プラン「povo」の料金やメリット・デメリットについて解説しました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。