Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】【au】【ソフトバンク】キャリアの家族割引をまとめました

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210303234223j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモ、auソフトバンクの家族割引についてまとめました。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

ドコモ:ファミリー割引

家族でドコモを利用する場合は、ファミリー割引を申し込む事が出来ます。

ファミリー割引は、ドコモが定める三親等以内の家族であれば同居、別居問わずにグループを組めます。

ファミリー割引に加入する事で、メリットのある特典は3つあります。

  • 家族内の国内通話が無料
  • 月額料金が最大1,100円割引
  • ドコモ光でさらに最大1,100円割引

家族内の国内通話が無料

ファミリー割引を申し込むと、ファミリー割引のグループ内ドコモは国内通話料が無料となります。

月額料金が最大1,100円割引

ファミリー割引を申し込むと、自動的に「みんなドコモ割」が適用となります。

割引金額は、グループの人数により変わります。

  • 2人:月額550円(税込)割引
  • 3人以上:月額1,100円(税込)割引

ドコモ光でさらに最大1,100円割引

ファミリー割引のグループ内で、ドコモ光を契約している世帯があると、グループメンバーには「ドコモ光セット割」が自動適用となります。

ドコモ光定額プラン
  • ギガホ:月額1,100円(税込)割引
  • ギガライト ステップ4:月額1,100円(税込)割引
  • ギガライト ステップ3:月額1,100円(税込)割引
  • ギガライト ステップ2:月額550円(税込)割引
  • ギガライト ステップ1:割引無し

※ 5Gギガホ、5Gギガライトを含みます。

ドコモ光ミニ
  • ギガホ:月額550円(税込)割引
  • ギガライト ステップ4:月額550円(税込)割引
  • ギガライト ステップ3:月額550円(税込)割引
  • ギガライト ステップ2:月額220円(税込)割引
  • ギガライト ステップ1:割引無し

 ※ 5Gギガホ、5Gギガライトを含みます。

au:家族割と家族割プラス

家族でauを利用する場合は、「家族割」と「家族割プラス」の申し込みが可能です。

「家族割」と「家族割プラス」は、別々の割引サービスとなる為、それぞれ申し込む必要があります。

「家族割」「家族割プラス」加入は、前提として同一住所に住んでいる事が条件となります。

※ 家族割については、一親等以内且つ家族関係証明書の確認が取れればOK

「家族割」と「家族割プラス」を申し込んで得られるメリットは以下の2つです。

  • 家族間の国内通話料・SMS送信料が割引
  • 月額料金が最大1,100円割引

家族間の国内通話料・SMS送信料が割引

「家族割」を申し込むと、家族間の国内通話料とSMS送信料が割引となります。

プランによって無料か割引かは異なりますが、現状申し込みが出来るプランの場合は家族間通話と家族間SMSは、無料となります。

月額料金が最大1,100円割引

「家族割プラス」を申し込むと、月額料金が最大1,100円割引となります。

割引金額は、グループの人数により変わります。

  • 2人:月額550円(税込)割引
  • 3人以上:月額1,100円(税込)割引

ソフトバンク:みんな家族割+

家族でソフトバンクを利用する場合は、「みんな家族割+」の申し込みが出来ます。

※ 2021年3月17日からは、「新みんな家族割」に名称が変更となります。

「みんな家族割+」の加入は、血縁関係にあれば親等数の制限がなありません。

また、血縁関係に無くても同一住所に住んでいれば、申し込みが可能です。

ドコモやauとは異なり、グループ内での通話無料はありませんが、割引金額は1番大きくなります。

  • 最大で月額2,000円割引

最大で月額2,000円割引

「みんな家族割+」の申し込むと、最大で月額2,000円割引となります。

割引金額は、グループの人数により変わります。

  • 2人:月額500円割引
  • 3人:月額1,500円割引
  • 4人以上:月額2,000円割引

注意:格安プランは割引対象外

3月より提供開始される各キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」は、月額料金の割引や音声通話の割引はありません。

ただし「ahamo」と「povo」は、家族グループの人数としてカウントされます。

※ 「povo」の場合は、2021年夏までに加入する必要があり、それ以降の加入はカウント対象外となります。

まとめ

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 条件が揃えばドコモが1番お得
  • 家族間の利用はSMSも無料のau
  • 無料通話は無いが割引率が高いソフトバンク
  • 格安プランは割引にならない

状況や条件はご家庭によって異なる物です。

ドコモを例に挙げると、1番得だといっても、条件が揃わずに割引が受けられないご家庭はあります。

同一世帯の家族がドコモでなくても、遠方にドコモを利用する家族(祖父母等)がいて、ドコモ光を利用していたりする事もあります。

少し視野を広げて状況や条件を見てもいいかもしれません。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はドコモ、auソフトバンクの家族割引のまとめについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。