Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】dカードってお得なの?

この記事をシェアする

dカードってなんだろう?」

dカードって本当にお得なの?」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモのクレジットカードであるdカードを紹介します。

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「この記事を読む事で」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

この記事を読む事で

dカードについて分かります。

 

過去の紹介したdポイント記事の流れで、dカードについて紹介しています。

 

他社のカードとの比較はしておらず、あくまでもdカード単体やdポイントを貯める/使うの視点で書いています。

お申し込みをする場合はご自身の判断でお決めていただくようお願いします。

 

また、ドコモに直接申し込んでもキャッシュバック等で十分にお得ですが、ポイントサイトを経由する事で+αのお得があります。


それでは行ってみましょう。

 

 

dカードとは

ドコモが提供するクレジットカードです。

 

通常のクレジットカードでの決済と、かざすだけでで決済が出来る「iD」に対応しています。

 

おサイフケータイApple Payに登録して使うこともできます。

 

またdポイントカードの機能もついています。

 

ドコモのクレジットカードサービスには、「dカードGold」や「dカードプリペイド」というのもあります。

そちらについてはまた別の記事で紹介します。

 

dカードってお得なの?

結論を言うと、お得です。

dポイントを活用するなら持っておいても損はないと思います。

 

ドコモ契約者の場合は、dカードゴールドという選択肢もあります。

dカードゴールドについては別に記事を作成します。

p

dカードの良いところ

dカードがお得という事で、良いところをまとめてみました。

 

年会費無料

dカードは年会費無料で作る事ができます。

 

入会条件も

  • 高校生を除く18歳以上で、個人名義であること
  • 支払い口座が本人名義の口座であること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

となっています。

 

入会申し込み後も条件等により、最短5分で審査完了します。

 

dポイント還元率1%

100円(税込)で1ポイント溜まります。

 

税込なので100円未満のものを買っても、消費税を足して100円を超えれば、dポイントを1ポイントがもらえます。

 

dポイントが溜めやすい

ドコモの他サービスとの連携でdポイントの二重取り、三重取りができる。

 

具体例としては

  • dポイント提示
  • d払いで支払い
  • d払いをdカードで支払い

と組み合わせることで、それぞれのdポイントを受け取れます。

 

まt、dカード ポイントUPモールを経由する事で、dポイントが1.5倍〜10.5倍になります。

ネットでの買い物を、dカード ポイントUPモールから入って、購入するだけです。

最初の入り口が違うだけで、お買い物自体はAmazon楽天で行います。

 

dポイントの利用も優秀

dポイントの利用方法でおすすめしたいのがiDキャッシュバックです。

 

iDキャッシュバックはiDで支払った金額に対して減額するサービスです。

1,000ポイント/1口で申し込みができ、請求時に1,000円/1口の減額できます。

請求時に減額となる為、購入した時のポイントはしっかりと付きます。

また、現在ではdポイント(期間・用途限定)でもiDキャッシュバックを申し込む事ができます。

 

dポイントの使い方としては現在のところ、iDキャッシュバックが1番のおすすめです。

 

入会・利用特典でdポイント

dカードの入会・利用特典として、最大で8,000ポイントのdポイントがもらえます。

 

少し条件はありますが、

  • 携帯料金をdカードにする事で1,000ポイント
  • 入会翌々月までの買い物でdポイント25%還元(最大5,000ポイント分)
  • 「こえたらリボ」などを設定することで追加で最大2,000ポイント

など多めにポイントをもらう事ができます。

 

※入会特典は2020年8月時点のものです。

 

dカードの悪いところ

dカードの悪いところを紹介します。

 

他のクレジットカードと比較をすれば、悪いところはたくさんあるかもしれません。

しかし、あまり悪いところが無かったです。

 

あるとすれば...

 

携帯電話の料金が対象外

ドコモのクレジットカードなのに、ドコモのサービス利用料はポイント対象外なものが多いです。

 

これ、結構知らない方が多いです。

 

ドコモの携帯電話料金は、dカードで払ってもdポイントは貯まりません。

 

携帯電話料金をdカード払いにする特典として、dポイントを1,000ポイントもらえます。

しかしもらえるのは最初の一回のみです。

他のクレジットカードをお持ちの場合は、特典のdポイントを貰ったら、ポイントが貯まるクレジットカードに変更をしたほうがいいと思います。

 

また、端末代金や修理代金にも、dポイントは付かないです。

※ドコモオンラインショップでの一括購入は除きます。

 

dカードを申し込むなら

ポイントサイトを経由して申し込みをしましょう。

 

dカードは、dカードゴールドと比べると扱っているサイトはほとんどありません。

 

しかし、dポイント広場経由であればdポイントが250ポイント貰えます。

dポイントがお得にたまるポイント広場

 

他にもPontaポイントモール経由であれば、Pontaポイントが250ポイント貰えます。

Pontaポイントがおトクにたまるポイントサイト

※両サイトともログイン操作が必要です

 

少し面倒ですが、サイトを経由する事で少し多くポイントが貰えます。

サイトを経由しても入会特典はしっかりと貰えます。※一部条件を満たす必要あり

 

間違っても下記にある公式の方法では申し込まないようにしましょう。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はドコモのdカードについて紹介しました。

 

dポイントの記事の流れから、クレジットカードであるdカードの紹介をさせて頂いています。

 

dポイントを意識してdカードを使う場合は、非常に良いカードだと思います。

 

それでは。