Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】dフォトについて解説【メリットとデメリット】

この記事をシェアする

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はdフォトについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

dフォトとは?

ドコモが提供するサービスで、スマートフォンで撮った写真を保存や管理、プリントが出来ます。

dフォトの注意点としては、無料で使える機能有料のサービスがあります。

 

スマホの写真をフォトブックにしたり、クラウドで保存・管理ができる。dフォト プリントでスマホの写真ライフをもっと楽しもう!

無料で使える機能

dフォトの無料で使える機能は、写真のお預かり機能になります。

 

写真のお預かり機能は、ドコモの回線契約がある方だけが、申し込み不要で使う事ができます。

 

注意事項

ドコモの回線契約がある場合、5GBのクラウド容量がもらえます。

5GBのクラウド容量がいっぱいになった場合は、それ以上預ける事ができないため、クラウド内を整理するか、容量を追加する必要があります。

容量の追加する場合は「クラウド容量オプション」という別のサービスに申し込みが必要となる為、料金が発生します。

 

有料で使えるサービス

有料で使えるサービスは、写真のプリントサービスになります。

料金は月額280円(税抜)となります。

有料サービスはドコモの回線契約が無くても申し込みが出来ます。

ご利用にはdアカウントが必要です。

 

dフォトの写真プリントサービスは、インターネット上からのお申し込みで、スマートフォンで撮った写真を印刷したり、フォトブックを作成する事ができます。※詳しくは後述します。

 

また、dフォト申し込みの特典として、毎月1回「L版プリント」30枚分、もしくは通常タイプの「フォトブック」一冊を無料で作成できます。

また、送料も月1回は無料になります。

 

もし、印刷や作成に使用したい写真の枚数が足らないなどで、印刷や作成が出来なくても、翌月に繰り越しが出来ます。

印刷や作成の繰り越しは最大で4ヶ月分まで繰り越せます。

 

注意点としては、送料無料は繰り越しが出来ません。

 

dフォト(有料サービス)で出来ること

dフォトの有料サービスでは、大切な写真を印刷やフォトブックを作成が出来ます。

 

dフォトで印刷や作成ができるものは、以下の通りです。

  • L版プリント
  • 通常タイプのフォトブック
  • こよみフォト
  • ハードカバータイプのフォトブック

 

繰り越し可能な無料印刷の権利

有料サービスへの申し込みをすると、無料印刷の権利が月に1回貰えます。

 

もらえる権利は「L版プリント」を注文した場合は30枚まで無料で、「通常タイプのフォトブック」を注文した場合は1冊無料となります。

さらに1回分の送料98円(税抜)も無料になります。

 

また、その月に使い切れなかった権利は、翌月に繰り越され、最大で4ヶ月分繰り越しが可能です。

  • 「L版プリント」の場合は120枚まで
  • 「通常タイプのフォトブック」の場合は4冊まで

 

しかし、送料については繰越されない為、例えばフォトブックを4回に分けて注文した場合は、1回目だけが無料で残り3回分は送料が発生します。

 

L版プリント

1枚1枚写真を印刷できます。

月額料金内(無料分)では、30枚(繰越分120枚を含めると最大150枚)まで印刷が出来ます。

追加注文の場合は1枚あたり10円で印刷は可能です。

 

通常タイプのフォトブック

写真21枚(表紙1枚+写真ページ20枚)を使って、1冊のフォトブックを作成出来ます。

フォトブックのページには日付やコメントを入れる事ができます。

追加で注文をする場合は、1冊あたり380円で作成が可能です。

 

こよみフォト

写真1枚とカレンダーの組み合わせになります。

日付やコメントを入れる事ができます。

注文する場合は1枚120円です。

「L版プリント」20枚分の権利を利用して、無料で注文することも出来ます。

 

ハードカバータイプのフォトブック

表紙がハードカバーに変わって、専用ケースが付いてきます。

通常タイプのフォトブック同様、写真21枚(表紙1枚+写真ページ20枚)を使って、1冊のフォトブックを作成出来ます。

注文はちょっと高めの1冊2,900円です。

 

ハードカバータイプのフォトブックには、いちねんご利用特典という割引があり、繰り越し分と組み合わせる事で0円で注文することもできます。

 

いちねんご利用割引は1,500円の割引になります。

また繰り越し分は限界まで貯めて、当月無料分と組み合わせると、280円 × 5ヶ月分(当月分+繰越4ヶ月分)で1,400円の割引になります。

 

申し込み方法

dフォトの申し込み方法はとても簡単です。

 

申し込み方法は簡単で、まずは手順下にあるリンクよりサービスサイトへアクセスします。

  1. 表示される「お申し込み、今すぐこちら!」を選択
  2. dアカウントのIDを入力し「次へ」を選択
  3. dアカウントのパスワードを入力し「ログイン」を選択
  4. 初回無料対象か表示されるので確認
  5. 「上記の利用規約/注意事項/パーソナルデータの取扱いに同意する」にチェック
  6. 「申し込みを完了する」を選択
  7. ※利用状況により「2」「3」の手順が、省略される場合があります。

 

お子さまの成長を、フォトブックでカタチに残して思い出を振り返ろう。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はdフォトについて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。