Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】iDキャッシュバックについて解説

この記事をシェアする

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモのiDキャッシュバックについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

iDキャッシュバックとは

ドコモの電子マネー「 iD 」で、支払った料金を減額出来るサービスです。

 

キャッシュバックという名称ですが、決済額が戻ってくるわけではないので注意して下さい。

 

dポイント交換

iDキャッシュバックは、dポイントで交換が出来ます。

iDキャッシュバックに交換をする際は、dポイント100ポイントで、iDキャッシュバック100円分に交換が出来ます。

 

iDキャッシュバックの種類

交換できるiDキャッシュバックは2種類あります。

 

iDキャッシュバック(dカード)

dカードdカードゴールドを持っている方が対象で、カードのiD決済をした場合に有効です。

 

おサイフケータイApple Payに、dカードを登録して使った場合も対象になります。

 

iDキャッシュバック( d払い(iD) )

d払い(iD)は、ドコモの回線契約がある方向けの方法で、電話料金と一緒に支払うことが出来ます。

iDキャッシュバック( d払い(iD) )は、d払い(iD)で決算した金額にのみ有効です。

 

メリット

dポイントをiDキャッシュバックに変えるメリットは以下の通りです。

 

iDキャッシュバックは引き継げる

交換したiDキャッシュバックを、交換した月に使いきれなかった場合は、残った分を自動的に次の月へ引き継げます。

最大で6ヶ月先まで、引き継げますが、6ヶ月過ぎると消滅します。

 

dポイントが貯まる

dポイントは決済が発生したタイミングで貰えます。

d払いでdポイント利用をした場合は、dポイント分を引いた料金が決済額となります。

iDキャッシュバックは、iD決済額の累計に対して減額がされます。

その為、決済時は何も引かれてないので、満額ポイント付与対象となります。

 

dポイント(期間・用途限定)が使える

2020年4月より、iDキャッシュバックへの交換にdポイント(期間・用途限定)が使えます。

iDキャッシュバックには、100ポイントから交換出来るので、期限の迫ったdポイントを、iDキャッシュバックに交換してしまうのも良いかもしれません。

 

デメリット

iDキャッシュバックにはデメリットもあります。

 

1か月あたりの交換上限

iDキャッシュバックは、1か月に交換出来る上限があります。

また、iDキャッシュバックの種類により交換可能上限口数が変わります。

 

iDキャッシュバック(dカード)の場合

1か月あたり40,000円(400口)まで交換可能

 

iDキャッシュバック( d払い(iD) )の場合

1か月あたり10,000円(100口)まで交換可能

 

iDの決済だけが減額対象

iDキャッシュバックは名前の通り、「iD」の決済だけが減額の対象となります。

クレジットカード機能での決済は、減額の対象となりませんので、注意が必要です。

 

利用方法のより還元率が低い

d払い(バーコード決済)を利用した場合、支払い方法をdカード(クレジットカード機能)にすることで、d払い分とdカード分のポイントがもらえます。

しかし、iD決済はiD決済分のポイントしかもらえない為、利用状況によっては、dポイントの還元率が低くなります。

 

交換方法

交換の操作は、dポイントクラブサイトかアプリから行います。

 

  1. 「つかう」を選択
  2. 「もっとみる」を選択
  3. 「iDキャッシュバック」を選択
  4. 「iDキャッシュバック(dカード)」の数量を入力
  5. 「交換する」を選択
  6. dアカウントで認証
  7. 画面に沿って手続きをする

 

記載した手順は「iDキャッシュバック(dカード)」への交換手順となります。

「iDキャッシュバック( d払い(iD) )」への交換を希望の場合は、手順「 4 」から、「iDキャッシュバック( d払い(iD) )」の数量を入れて進んでください。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はドコモのにiDキャッシュバックついて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。