Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】迷惑ショートメールを拒否!SMS拒否設定について

この記事をシェアする

ドコモを利用している方で

「迷惑ショートメールを拒否したい」

「サイト登録時の認証番号が届かない」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモのSMS拒否設定についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「この記事を読む事で」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。


また、現在はドコモの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

この記事を読む事で

SMS拒否設定について分かります。

 

認証番号などが届かない場合などは、拒否設定で届かない可能性がありますので、この記事の設定方法等を確認してみてください。

 

また迷惑SMSが届いて困っている場合ですが、おそらく拒否設定をかけることが出来ません。

その理由も記載していますので、ご自身の状況と照らし合わせてみてください。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

SMSとは

電話番号でやり取りをする短いメッセージです。

 

「ショートメール」と呼ばれるメールになります。

説明する時も「ショートメール」と言った方が伝わるのですが、ドコモでの正式なサービス名称は「ショートメッセージサービス」です。

 

SMSの料金

電話番号で送信をするので、通話料やデータ料とは別に料金が掛かります

 

メッセージの文字数により料金が変わりますが、70文字までは1通あたり3円で送信ができます。

文字数が多くなると最大で1通30円まで掛かります。

 

なお、受信については無料ですので、どれだけたくさんのメッセージや文字数を受け取っても、お金はかかりません。

 

SMS拒否の現状

SMSの拒否について現状を少し書きます。

現在はほとんどの人がSMSの拒否が出来ない状況です。

 

理由は2つあります。

  1. 迷惑SMSの送信元の番号がわからない
  2. 利用するサービスの認証番号がSMSに送られてくる

最近の迷惑SMSは送信元の電話番号がわからないように送られてきます。

電話番号がわからないと、一括で拒否をするしか方法がないです。

また一括拒否をしてしまうと、SNSなどの電話番号認証や、ログイン時の2段階認証で送られてくるSMSが受け取れなくなります。

 

上記のことから、今回の記事については「拒否する為」では無く、「拒否設定を解除する為」に確認していただく方が多いかもしれません。

 

SMS拒否の方法

SMS拒否設定の方法は3つあります。

  1. インターネットで設定を行う
  2. 電話でガイダンスに従って設定
  3. サービスコードを使う

 

インターネットでの設定は、番号指定で受信拒否設定が出来ます。

そして、1つの画面で複数の番号登録が可能です。

ただし、設定にはネットワーク暗証番号または、dアカウントが必要です。

 

電話でガイダンスの場合も、番号指定の受信や拒否が行えます。

こちらもネットワーク暗証番号が必要です。

また、音声ガンダンスを聞いて、プッシュボタンを押して、を繰り返すので非常に時間がかります。

 

サービスコードを利用する場合は、細かい設定は出来ません。

ただ、目的のサービスコードさえ知っていれば番号を入れて電話の発信ボタンを押せば終わるので最速です。

ネットワーク暗証番号なども必要ないです。

 

それぞれの拒否設定の操作について見ていきましょう。

インターネットで拒否設定

インターネットでの設定は、「My docomo」の迷惑メールの拒否設定サイトで行います。

迷惑メールの拒否設定画面までの進み方は、以下の通りです。

  1. ブラウザで「My docomo」を開く
  2. 「設定(メール等)」を選択
  3. メール設定(迷惑メール/SMS対策など)を選択
  4. ネットワーク暗証番号などで認証
  5. SMS拒否設定

※My docomoAndroidの場合は「dメニュー」から、iPhoneの場合はSafariのブックマークから進めます。

 

「SMS拒否設定」まで進むと、以下の4つの選択肢から1つだけ選択することが出来ます。

  • 全て拒否する
  • 条件を指定して拒否する
  • 電話番号を指定して受信する
  • 全て受信する

 

「全て拒否する」と「全て受信する」は表示の通りで、受信するかどうかの選択です。

 

「条件を指定して拒否する」を選んで次へ進むと、以下の4つの選択肢が表示されます。

  • 非通知のSMSを拒否する
  • 国内の他の携帯電話事業者から送信されたSMSを拒否する
  • 海外事業者から送信されたSMSを拒否する
  • 指定した番号からのSMSを拒否する

この選択肢は4つ全て選択することが出来ます。

 

また、「指定した番号からのSMSを拒否する」を選択した場合は、拒否する電話番号を30件登録することが出来ます。

 

「電話番号を指定して受信する」を選択した場合は、30件の電話番号を登録出来ます。

この場合は、登録した電話番号のみSMSを受け取ることが可能となります。

 

電話でガイダンスに従って設定

電話アプリで「 * 2 0 1 8 4 」と入力し、電話を掛けると音声ガンダンスで拒否の設定を行うことが出来ます。

 

音声ガイダンスを聞いて、指定の番号を電話のプッシュボタンで押していくだけなので簡単です。

ただし、最後まで聞く必要があるのと、聞いて押してを繰り返すので時間はかかります。

 

サービスコードによる拒否設定

こちらも電話アプリで番号を入力し、設定をする方法です。

こちらはガイダンスなどは流れず、設定結果となるコードが画面に表示されます。

 

SMS一括拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 1 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*1#」が表示されます。

 

非通知SMS拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 2 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*2#」が表示されます。

 

国際SMS拒否を設定したい場合は「* 1 4 1 * 3 #」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*3#」が表示されます。

 

非通知SMS + 国際SMS拒否を設定したい場合は、「 * 1 4 1 * 4 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*4#」が表示されます。

 

国内他事業者SMS拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 5 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*5#」が表示されます。

 

非通知SMS + 国内他事業者SMS拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 6 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*6#」が表示されます。

 

国際SMS + 国内他事業者SMS拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 7 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*7#」が表示されます。

 

非通知SMS + 国際SMS + 国内他事業者SMS拒否を設定したい場合は「 * 1 4 1 * 8 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*7*8#」が表示されます。

 

SMS拒否設定解除をしたい場合は「 # 1 4 1 # 」を入力して発信ボタンを押します。

結果のコード「141*6#」が表示されます。

 

SMS拒否設定状況確認をしたい場合は「 * # 1 4 1 # 」を入力して発信ボタンを押します。

現在の設定状況の結果コードが表示されます。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はドコモのSMS拒否設定について記事にしました。

 

iPhoneスマートフォンを利用していると、SMSの認証が多いので、安易に「すべて拒否する」を設定出来ない方が多いと思います。

 

また、個別に迷惑SMSを拒否したくても、「迷惑SMSに拒否する番号が無い!」という方も多いと思います。

 

Chikuも拒否する良い方法が見つけられていないので、迷惑SMSを受け取っています。

 

もし、拒否をする良い方法があればコメントや問い合わせフォームから教えていただけると嬉しいです。

 

それでは。