Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【格安SIM】exciteモバイル「でんわパックプラン」について解説

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210215224033j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMのexciteモバイル「でんわパックプラン」について解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

exciteモバイルとは

exciteモバイルとは、エキサイト株式会社が提供する格安SIMになります。

exciteモバイルでは、ドコモSIMとau SIMを採用しています。

exciteモバイルのプラン

exciteモバイルのプランは大きく分けて3つあり、その中でさらに細分化されます。

  • でんわパックプラン
  • 最適料金プラン
  • 定額プラン

今回は「でんわパックプラン」について解説しています。

でんわパックプラン

でんわパックプランは、音声通話とデータ通信がセットになったプランです。

個人での利用を目的としたプランなので、別端末や家族とのシェアはありません。

でんわパックプランの中で、4種類に分かれます。

  • でんわパック 従量プラン
  • でんわパック Sプラン
  • でんわパック Mプラン
  • でんわパック Lプラン

それぞれのプラン料金やデータ量を、個別に解説していきます。

でんわパック 従量プラン

でんわパック 従量プランは、ひと月に利用したデータ量に応じて、月額料金が変わるプランです。

利用データごとの基本料金は、以下の通りです。

  • 低速のみ:月額2,090円(税込)
  • 3GB以下:月額2,530円(税込)
  • 6GB以下:月額3,135円(税込)
  • 10GB以下:月額3,795円(税込)

電話をメインに使う事が多い人向けのプランです。

その為、無料通話として10分かけ放題になります。

でんわパック Sプラン

でんわパック Sプランは、ひと月に利用出来るデータ量が5GBのプランです。

  • 基本料金:月額2,915円(税込)
  • データ量:月間5GBまで
  • 無料通話:3分間かけ放題

電話もデータ通信もそこそこ利用する人向けのプランです。

でんわパック Mプラン

でんわパック Mプランは、ひと月に利用出来るデータ量が15GBのプランです。

  • 基本料金:月額4,268円(税込)
  • データ量:月額15GBまで
  • 無料通話:5分間かけ放題

電話と通信に余裕を持って使いたい人向けのプランとなります。

でんわパック Lプラン

でんわパック Lプランは、ひと月に利用出来るデータ量が35GBのプランです。

  • 基本料金:月額7,678円(税込)
  • データ量:月間35GBまで
  • 無料通話:なし

動画やゲームなどたくさん使う人向けのプランとなっています。

でんわパック共通

でんわパック各プランに共通する内容です。

音声通話

でんわパックでも電話を掛けた場合は、通話料が発生します。

※ 掛かってきた通話は無料

でんわパックの音声通話料は、以下の通りです。

  • 国内通話料:30秒あたり22円(税込)
専用アプリ「エキモバでんわ」

exciteモバイルには、専用の「エキモバでんわ」アプリが用意されています。

「エキモバでんわ」で通話をすると、音声通話量が半額になります。

  • 国内通話:30秒あたり11円(税込)
  • 国際電話:30秒あたり10円(非課税)

また、Lプラン以外には無料通話も付いています。

  • 従量プラン:10分かけ放題
  • Sプラン:3分かけ放題
  • Mプラン:5分かけ放題
  • Lプラン:無料通話なし

データ通信

exciteモバイルでは、当月内に余ったデータ量を、翌月に繰り越す事が出来ません。

毎月余ってしまうようで有れば、プランの見直しをしましょう。

利用可能データ量超過時

利用可能データ量を超過した場合は、通信速度が最大200Kbpsとなります。

通信速度を元に戻したい場合は、有料でデータ量を追加する事が出来ます。

  • データ量の追加:1GBあたり638円

追加したデータ量についても、追加した月の月末まで有効となるので注意しましょう。

でんわパックのメリット

でんわパックには、以下のようなメリットがあります。

  • 初期費用0円
  • 高速モード切り替えでデータ消費0

初期費用0円

でんわパックは、初期費用やSIM発行手数料などが一切かかりません。

基本料金や通話料だけで利用が可能です。

その他の事務手数料や、12ヶ月以内の解約は解除料が発生しますので注意しましょう。

高速モード切り替えでデータ消費0

でんわパックでは、データ通信速度を切り替えて、データ消費量を0にする事が出来ます。

ただし、直近3日間の利用データ量が366KBを超えた場合は、速度制限が掛かります。

データ通信速度の切り替えは、exciteモバイルのマイページから行う事が出来ます。

でんわパックのデメリット

exciteモバイルにも以下に挙げるようなデメリットがあります。

  • データの繰越なし
  • 解約事務手数料あり
  • でんわパック以外へプラン変更不可

データの繰越なし

データ通信でも触れましたが、でんわパックではデータ量の繰り越しがありません。

追加購入したデータ量も、追加購入月の月末で消滅します。

自身のデータ量をチェックし、余らせないように注意をしましょう。

解約事務手数料あり

でんわパックプランは、利用開始月から12か月以内のサービス解約、またはMNP転出で解約事務手数料が発生します。

  • 音声通話機能付きSIM解約事務手数料:10,450円

解約事務手数料の名称から分かる通り、通話が利用出来る「でんわパック」に限り発生します。

解約時は利用期間に注意をしましょう。

でんわパック以外へプラン変更不可

でんわパックを契約した場合は、最適料金プランや定額プランにプラン変更をする事が出来ません。

1人で利用する場合は特に問題はないですが、別の端末や家族とシェアをして利用する可能性がある場合は注意しましょう、

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMのexciteモバイルについて解説しました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。