Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】iCloudストレージがいっぱいのときの対処方法

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今日はiCloudストレージがいっぱいのときの対処方法についてお伝えします。

iPhoneを使っているとiCloudストレージがいっぱいといったお知らせが届いたり、iCloudがいっぱいでバックアップが出来なかったりすることがあります。

そんなときの対処方法について紹介したいと思います。

結論

結論をいうと「増やす」か「消す」かになります。
増やすというのはAppleからストレージを月額で購入する事です。
消すというのはクラウドに保存されているデータを削除するといことです。

増やしたり消したりする前に

iCloudストレージの増量や、データの削除を行う前に以下の点を確認しましょう。

大切なデータを残しつつ、料金を掛けずに解決ができるかもしれません!

まずは何がどれだけ使っているのかを調べましょう。

iPhoneを操作すればクラウド内のデータ占有状況は確認ができます。

確認方法は以下の通りです。

  1. 「設定」を選択
  2. 「[ユーザ名]」を選択
  3. iCloud」を選択
  4. 「ストレージを管理」または「iCloud ストレージ」を選択
  5. 「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」以下の項目がiCloud内のデータと容量です。

次に確認することとして以下の点が挙げられます。

クラウドを使わなくて良いデータがある
別の機器や別のクラウドに移せるデータはあるか

上のようなデータがある場合は同期の解除又はデータの移行をし、クラウド内のデータを消しましょう。

写真について移行の提案

ストレージを足らなくする原因として結構多いのが写真ですが、iCloudの共有アルバムを使うことで解決出来ます。
共有アルバムは1つの共有アルバムに上げられる枚数や、上げられるデータのサイズに制限はありますが、iCloudの容量を使わずにクラウドに上げられます。

 共有アルバムについて詳しく知りたい方は下記記事を確認してみて下さい。

chikuno.hatenablog.com

 

他にもGoogleフォトを使う等も有効です。

Googleフォトの使い方のついては、( Googleフォトを使って写真を保存しよう )で解説しています。

また、Amazonプライム会員の方であれば、クラウドフォトストレージを容量無制限で使えます。

良かったら以下の記事を確認してみてください。

【Amazon】写真保存し放題!Amazon Photosについて解説 - Chiku blog

増やす場合の料金と操作方法

料金と容量

AppleではiCloudストレージを月額有料で販売していて、料金プランは以下の通りです。
追加する容量によって月額料金が異なります。

  • 50 GB(+45 GB):¥130 / 月
  • 200 GB(+195 GB) :¥400 / 月
  • 2 TB(+1.95 TB): ¥1300 / 月

私はアップグレードしていませんが月¥130で+45GBは安いと思います。

操作方法

  1. 「設定」を選択
  2. 「[ユーザ名]」を選択
  3. iCloud」を選択
  4. 「ストレージを管理」または「iCloud ストレージ」を選択
  5. 「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」を選択
  6. プランを選択します。「購入する」を選択
  7. 画面上の案内にそって手続きする

消す場合

削除操作についてはデータにより操作方法がことなります。
この記事の下部に公式サイトのリンクを貼っておきますのでそちらを参考にしてください

どちらにしても

データの整理する癖をつけましょう。
いっぱいになってから慌ててやると完全に移行ができなかったり、必要なデータを消してしまったりというトラブルにも繋がります。

参考サイト

今回参考にしたApple公式サイトの記事は以下の3記事です。
ストレージの管理記事にはデータごとの削除方法や注意事項が載っていますので確認してみてください。