Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】文字入力の方法について

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneで文字入力をする方法についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

iPhoneのキーボード

iPhoneでは文字入力の際に、画面に表示されているキーボードにより入力方法が変わります。

初期設定で特に変更をしていなければ、以下の4つのキーボードが利用できる状態だと思います。

※設定内のキーボード名で表記しています。

  • 日本語 - かな
  • 日本語 - ローマ字
  • 英語(日本)
  • 絵文字

キーボードは、文字入力時に右下の「地球マーク」をタップする事で簡単に切り替えられます。

 

iPhoneには各国の文字入力に対応しているので、上にあげたキーボード以外を追加することも簡単に出来ます。

※キーボードの追加については後述します。

 

文字入力方法

それぞれのキーボードと、入力方法について解説をします。

 

日本語 - かな

キーボードは「テンキー」です。

携帯電話で文字を打つ時の「あ、か、さ、た、な」の並びと一緒です。

 

数字を入力したい場合は「⭐︎123」、英語を入力したい場合は「ABC」、日本語に戻したい場合は「あいう」をタップする事で、入力文字を切り替える事が出来ます。

 

また、テンキーでの入力方式として、「トグル」と「フリック」があります。

どちらも解説していますが、「フリック」になれると、とてもスムーズに文字入力が出来ます。

テンキーを使う場合は是非「フリック」に慣れていただきたいです。

 

トグル入力

携帯電話と同じ入力方法で、「おはよう」と入力したい場合は、下記のように文字をタップします。

  1. 「あ」を5回タップ
  2. 「は」を1回タップ
  3. 「や」を3回タップ
  4. 「あ」を3回タップ

 

初めてのiPhoneの場合は、何度もタップするやり方で入力をすると思いますが、結構急いで打たないと自動的にカーソルが移動します。

 

フリック入力

スマートフォン(iPhone)特有の入力方式で、入力したい文字を「タップ」と「スワイプ(スライド)」で打つ方法です。

 

「あ」を入力したい場合は、そのままタップすれば「あ」が入力されます。

「あ」以外を入力したい場合は、「あ」を長押しすると、画面に触れている指の周りに「い、う、え、お」が表示されます。

「い」の場合は「い」が左に表示されるので、押さえている指を「い」の方向に、つまり左にスライドします。

「う」の場合は上、「え」の場合は右、「お」の場合は下にスワイプすると入力したい文字が入力されます。

 

先程の「おはよう」の入力をフリックで行う場合は以下のように操作をします。

  1. 「あ」を長押しし、下へスワイプ
  2. 「は」を1回タップ
  3. 「や」を長押しし、下へスワイプ
  4. 「あ」を長押しし、上へスワイプ

 

最初は入力するのに慣れず、苦慮すると思いますが慣れてしまえば、とても便利に入力出来ますので、是非「フリック」を覚えてください。

 

日本語 - ローマ字

キーボードは「QWERTY」と呼ばれるものです。

パソコンのキーボードのような見た目のキーボードです。

 

ローマ字打ちになるので「あ い う え お」は「a i u e o」、「さ し す せ そ」は「sa si su se so」と入力をする必要があります。

 

数字や記号を入力したい場合は、「123」をタップすると数字と一般的な記号が表示されます。

使いたい記号がない場合は、さらに「#+=」をタップすれば、追加で記号が表示されます。

どちらの場合も「あいう」をタップすれば、日本語のローマ字入力に戻れます。

 

次の「英語(日本)」キーボードと同じ並びなのですが、スペースキーを見れば簡単に見分けられます。

「日本語 - ローマ字」の場合は、スペースキーに「空白」と表示されています。

 

英語(日本)

キーボードはこちらも「QWERTY」にまります。

 

英語の場合は、大文字と小文字の入力があります。

基本的に小文字入力になっていますが、大文字で入力したい場合は左下の「↑」をタップします。

「↑」を1回タップすると次の文字が大文字になり、続く文字は小文字となります。

連続して大文字を入力したい場合は、「↑」を素早く2回タップする事で、大文字入力で固定されます。

大文字入力の固定を解除したい場合は、再度「↑」を1回タップすれば解除が出来ます。

 

それ以外は、日本語が打てるか、英語が打てるか、の違いだけで、基本操作は「日本語 - ローマ字」と変わりません。

 

「英語(日本)」の場合は、スペースキーに「space」と表示されています。

 

絵文字

iPhoneに登録されている絵文字の入力をするキーボードです。

結構絵文字の数が豊富なので、どれを使うか迷う事も多いです。

iPhoneの絵文字を携帯電話やAndroidスマートフォンに送信した場合は、自動的に変換されます。

※一部文字化けになる絵文字もあります。

 

キーボードの追加と削除の方法

iPhoneには各国のキーボードがすでに入っているので、韓国語やフランス語を入力したいといった場合には設定から追加をする事が出来ます。

 

追加方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「一般」を選択
  3. 「キーボード」を選択
  4. 「キーボード」を選択
  5. 「新しいキーボードを追加…」を選択
  6. 追加したい言語を選択

 

また、追加したキーボードを削除したい場合は、手順「5」で、削除したいキーボードを左にスワイプして削除ができます。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneの文字入力方法について記事にしました。

 

キーボード操作で過去に ( 【iPhone】キーボードの知っていると便利な機能5選【おすすめ】 ) という記事も書いていますので、もし良ければこちらも確認してみてください


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。