Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】通話中の操作と電話を切る方法について

この記事はiPhone初心者の方に向けて書いてます。

 

こんにちわ。Chikuです。

今回はiPhoneの通話中の操作と電話を切る方法についてお話しします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させていただきます。
すでにご存知の方は「目次」まで進めて頂いて大丈夫です。

 

ChikuはスマホiPhoneの操作わからないお客様や、機器のトラブルでお困りのお客様に、操作方法やトラブル解決方法を案内する仕事をしています。

 

Chiku自身もiPhoneユーザーの為、この記事は実際にiPhoneを確認しながら書いてます。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

電話中の操作について

 

通話中のiPhoneの画面には以下のボタンが配置されています。

 

終話ボタン

電話を切る時のボタンで赤い受話器のマークです。

 

「終話」とは書いていませんが、表示を見れば一眼で電話を切るボタンだという事がわかります。

 

消音

通話中にこちらの音を相手に聞かせないためのボタンです。

 

電話中に宅配などの来客があって、相手との会話を聞かれたく無いときに使います。

 

キーパッド

通話中にダイヤル入力するキーパッドを表示します。

 

主に、留守番電話を聞くときや企業への問い合わせ、予約をするときに使います。

 

オーディオ

通話をスピーカーモードや、ワイヤレスイヤホンなどのbluetooth接続に切り替えるボタンです。

 

これは結構使う事が多い機能だと思います。

通話中に何か調べ物をしたい時などは、スピーカーやイヤホンに切り替えて通話をする事で、iPhoneを耳に当てなくても通話ができます。

 

通話中に

「ちょっとインターネットで調べ物をしたい」

「アプリを確認したい」

なんて時に使うと便利だと思います。

 

通話を追加

グループ通話をするときに使うボタンになります。

 

グループ通話は使っているキャリアにより利用ができるか変わります。

また、グループ通話の利用はキャリアのオプション契約が必要になります。

 

ドコモはグループ通話に対応していません。

auSoftBankはオプション契約をする事で利用が出来ます。

 

FaceTime

相手がiPhoneの場合は、インターネット通話機能の「FaceTime」を利用できます。

 

FaceTime」では通話料が発生せず、パケット通信料やWi-Fi通信料がかかります。

通常の音声通話とビデオ通話をする事が出来ます

 

連絡先

通話中に連絡先を開く事が出来ます。

使用頻度は少ないですが、相手に「〇〇さんの電話番号を教えて」などと言われた時に使うと思います。

 

通話をしながら別の操作をする

iPhoneは通話をしながら、ホーム画面に戻って別の操作をする事が出来ます。

 

別の操作をする場合は「オーディオ」で、通話をスピーカーまたはイヤホンに切り替えると、耳から離したまま通話ができるので、操作がし易いです。

 

ホーム画面に戻る方法はiPhoneのホームボタンの有無で少し操作が変わります。

ホームボタンが有るiPhone

iPhoneのホームボタン(iPhone下部の丸いボタン)をタップする事でホーム画面に戻ります。

 

ホームボタンの無いiPhone

iPhoneの画面下部を、上に向かってスライドする事でホーム画面に戻ります。

 

別の操作中に電話切る

また、別の操作中に電話を切る場合は、通話中の画面に戻って「終話ボタン」をタップします。

 

通話画面に戻る方法はiPhoneのホームボタンの有無で少し操作が変わります。

ホームボタンが有るiPhone

通話中は画面上部が緑色に変わります。

緑色の帯をタップすると通話画面に戻ります。

 

ホームボタンが無いiPhone

画面左上の時間表示をタップすると通話画面に戻ります。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はiPhoneの通話中の操作と電話を切る方法を記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006

こちらからのDMでもご意見お待ちしています。

 

それでは。