Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】Live Photosのついて

この記事をシェアする

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneのLive Photosについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

Live Photosとは

iPhoneのカメラの機能の一つです。

カメラでシャッターを切った時に、前後の1,5秒づつの映像を保存してくれる機能です。

撮った写真は、約3秒程度の動画になり、その時の音声まで保存してくれます。

 

Live Photosの撮影方法

Live Photosの撮影方法は簡単です。

  1. iPhoneのカメラアプリを起動
  2. カメラモードになっていることを確認
  3. 上部のLive Photos(三重丸)が、オンになっていることを確認
  4. シャッターを押す

※ Live Photosはデフォルトでオンになっています。

 

上部のLive Photos(三重丸)は、iOSのバージョンにより若干位置が変わります。

  • iOS13以下:画面上の中央
  • iOS14以降:画面の右上

 

Live Photos(三重丸)がオンになっている場合は、ボタン黄色になっています。

オフの場合は、Live Photos(三重丸)ボタンの色が白で斜線が入っています。

 

Live Photosを無効にする

カメラアプリはLive Photosが自動で有効になります。

撮った写真をLive Photosで保存したくない場合は、カメラでLive Photosをオフにした後、下記の設定で無効にしたままの状態を保持できます。

  1. 「設定」アプリを選択
  2. 「カメラ」を選択
  3. 「設定を保持」を選択
  4. 「Live Photos」がオンになっていることを確認

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneのLive Photosについて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。