Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

SIMロック解除について

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はSIMロック解除についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

SIMロックとは

各携帯キャリア(ドコモ、auSoftBankなど)が端末に掛けているロックの事です。

SIMロックが掛かっていると、キャリアが指定したSIMしか使えないようになります。

 

例えば、ドコモで買ったiPhoneは、ドコモのSIMカードしか認識せず、auSoftBankのSIMを入れても電話や通信を使う事が出来ません。

 

MVNOへ乗り換えの場合は、各キャリアの回線で提供している会社もあるので、契約時にお使いのキャリアのSIMを指定すれば、SIMロック解除不要で利用ができます。

 

SIMロックの解除

そんなキャリア都合のSIMロックですが、解除することも出来ます。

 

SIMロックの解除には少し条件があります。

  • SIMロック解除対応端末であること
  • ネットワークの利用制限がかかっていないこと
  • 購入後100日経過していること
  • 一括払いで購入または分割支払金の精算済み

 

SIMロック解除の条件で、共通しているところをあげましたが、キャリアにより細かい違いがあります。

 

詳細については、各キャリアのホームページを確認してください。

ドコモ ( SIMロック解除 | NTTドコモ )

au( SIMロック解除のお手続き |  au )

SoftBank ( SIMロック解除 | ソフトバンク )

 

SIMロック解除の方法

SIMロックの解除は、各キャリアのショップかWebサイトから行う事が出来ます。

また、ドコモについては電話受付でも可能です。

 

ショップ、電話で行う場合

携帯電話の契約者がお店に来店し、スタッフにSIMロック解除したい旨を伝えて解除します。

 

電話受付可能なドコモの場合は、契約者がインフォメーションセンターへ連絡して、対応してくれる担当者にSIMロック解除したい旨を伝えて解除します。

 

どちらの方法も、手数料3,000円(税抜)が発生する為、Chikuはおすすめしません。

 

WEBサイトで行う場合

WEBサイトで行う場合は、自分で手続きをしているので、手数料は発生しません。

余計な時間やお金をかけない為にも、WEBサイトからの手続きをおすすめします。

 

詳細については、各キャリアのホームページを確認してください。

ドコモ ( SIMロック解除 | NTTドコモ )

au( SIMロック解除のお手続き |  au )

SoftBank ( SIMロック解除 | ソフトバンク )

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はSIMロック解除について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。