Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】キーボードの知っていると便利な機能5選【おすすめ】

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今回はiPhoneの文字入力キーボードで知っていると便利な機能を5つ紹介します。

ChikuもiPhoneでブログを書いているので、良く利用している機能になります。

内容に入る前に軽く自己紹介させていただきます。
ご存知の方は飛ばしてください。

ChikuはスマホiPhoneの操作わからないお客様や、機器のトラブルでお困りのお客様に、操作方法やトラブル解決方法を案内する仕事をしています。

この記事はiPhone初心者の方に向けて書いてます。

 

この記事を読むことで

文字入力をとても楽にしてくれるキーボードの便利機能が分かります。

「フリックのみ」の設定

12キーボードでの文字入力をフリック入力のみにします。
主に「数字」を入力する時に役に立ちます。
※Chikuは普段QWERTYキーボードを使ってますけどね。
設定は以下のとおりです。

  1. 「設定」を選択
  2. 「一般」を選択
  3. 「キーボード」を選択
  4. 「フリックのみ」をON

「Caps Lock」機能

英字入力の際に全て大文字で入力する時に使います。
操作は以下のとおりです。

  1. 文字入力時にキーボード左下の「⇧」を素早くダブルタップ
  2. 「⇧」が黒塗りになり、下線が付いたら大文字で固定されます。

トラックパッド」機能

文章を打っていて、途中で入力間違いに気がついた時に入力のカーソルを簡単に移動する方法です。
今回の便利機能の中で一番使える機能だと思います。
操作は以下のとおりです。

  1. キーボードの「空白」または「space」を長押し
  2. キーボードの文字が消えたら指を離さずに上下左右に動かすとカーソルも移動します。

文章タップ

入力した文章をタップする事で範囲選択ができます。
この範囲選択、実はタップ回数で選択範囲が異なります。
メールやブログを書く時にまとめてコピーしたり削除したりすることが多いので重宝してます。
違いは以下のとおりです。

  • 2回タップの場合は単語選択
  • 3回タップの場合は1文
  • 4回タップの場合は段落

入力取り消し/入力やり直し

文字入力の最後の操作を取り消したりやり直したりすること出来ます。
この操作をやる事はほとんど無いと思いますが、Chikuは長文作成の時に、誤って範囲削除などするので、たまに使います。
操作方法は以下のとおりです。

  • 指3本で左にスワイプで「取り消し」
  • 指3本で右にスワイプで「やり直し」

おまけ

キーボードの便利機能だと思いますが、使い勝手が悪くてOFFにしているものもあります。
それが「自動大文字機能」です。
自動大文字機能は、最初の文字を自動で大文字にしてくれる機能ですが、Chikuは「iPhone」や「iCloud」と入力することが多いのでOFFにしています。

最後に

今回はChikuもよく利用するiPhoneの文字入力キーボードで知っていると便利な機能を5つ紹介させていただきました。
すでに知っている機能もあったと思いますが、知らない機能で便利そうだなと思うものがあれば、ぜひ使ってみてください。

それでは。