Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【NURO光】超高速通信プラン「NURO光20Gs」について解説

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210106202441j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はNURO光の超高速通信プラン「NURO光20Gs」について解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
今回は「NURO光について教えて下さい」と、リクエストを頂いたので調べてみました。

 

それでは行ってみましょう。

 

NURO光20Gsとは

NURO光20Gsは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する「NURO光」高速通信プランの1つです。

戸建または5階建て以下のマンションにお住まいの方が、申し込める超高速プランです。

NURO光20Gsの基本機能

NURO光20Gsの基本機能は以下の通りです。

  • 基本料金:月額7,743円(税抜)
  • 上り速度:最大20Gbps
  • 下り速度:最大20Gbps
  • 基本工事費:60,000円(実質無料特典あり)
  • 事務手数料:3,000円
  • 解除費用:なし

NURO光20Gsのメリット

NURO光20Gsのメリットは以下の通りです。

  • とにかく早い
  • 定期契約必要無し

とにかく早い

NURO光20Gsは最大20Gbpsの通信速度となります。

ただし、20Gbpsが出るのは自宅の終端装置まで。

実際に利用している端末(パソコンやスマホ)は、以下の通りです。

  • 有線接続:最大10Gbps
  • Wi-Fi:最大4.8Gbps

20Gbpsの速度が出なくても、十分に速いと思います。

定期契約必要無し

NURO光20Gsは定期契約の必要ない為、いつ辞めても解除費用は掛かりません。

ただし、工事費の実質無料には落とし穴があるので、そこまでのメリットではありません。

※ 工事費実質無料の罠を確認ください。

NURO光20Gsのデメリット

NURO光20Gsのデメリットは以下の通りです。

  • 端末で20Gbpsは出ない
  • 基本工事費が高い
  • 提供エリアが「超」限られる

端末で20Gbpsは出ない

メリットで速いと書きましたが、実際に20Gbpsが出るのは、自宅に設置したNUROの機械までです。

利用している端末では、たとえパソコンであったとしても、20Gbpsの速度を利用できませんのでご注意下さい。

基本工事費が高い

NURO光20Gsの工事費用は60,000円と高いです。

60回の分割払いになり実質無料特典もありますが、5年使い続けてやっと無料になるものです。

超高速通信といっても少し高い気がします。

※ 工事費実質無料の仕組みは次の項を確認ください。

工事費実質無料の罠

NURO光20Gsにも「工事費実質無料」があります。

事費実質無料は、「NURO光を60ヶ月(5年間)継続して利用すれば、毎月1,000円割引されるので工事費分が相殺されます」といったものです。

途中で解約をした場合は残債を一括で支払うという罠もしっかりあります。

提供エリアが「超」限られる

現在、NURO光20Gsが利用できるのは、以下の地域のみです。

東京でも2つの区しか利用が出来ないのと、更に該当の区でも場所によっては利用が出来ません。

今後範囲が拡大されることを期待します。

提供エリア:

東京都豊島区、港区(一部地域除く)

総合的に見なくても

NURO光20Gsは現時点では無しですね。

おすすめをしたとしても、使える人や場所が限られますし、普通に利用するならここまでは必要ないと思います。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はNURO光の超高速通信プラン「NURO光20Gs」について解説しました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。