Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【NURO光】料金プラン「NURO光forマンション」について解説

この記事をシェアする

 f:id:ChikuNoShow:20201227183623p:plain

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。


今回は、NURO光の料金プラン「NURO光forマンション」についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

今回は「NURO光について教えて下さい」と、リクエストを頂いたので調べてみました。

 

それでは行ってみましょう。

NURO光forマンションとは

NURO光forマンション」は、集合住宅向けのプランになります。

NURO光G2 / G2V」との違い

NURO光forマンション」は光回線が集合住宅の建物に対して提供されます。

NURO光契約中の住人全員で光回線をシェアするので速度が遅くなる場合もありますが、料金もその分安く利用が出来ます。

対して「NURO光G2 / G2V」の場合は、集合住宅の部屋に直接提供となるので、速い回線を独り占め出来ますが料金が高くなります。

NURO光forマンションの基本情報

NURO光forマンション」の基本情報についてまとめてみました。

基本料金:月額1,900円から2,500円(税抜)
上り速度:最大1Gbps
下り速度:最大2Gbps
基本工事費:40,000円(実質無料特典あり)
解除費用:9,500円
申込特典:あり

NURO光の基本料金には、回線利用料金 / プロバイダ料金 / 無線LANルーターのレンタルの利用料が含まれています。

NURO光forマンションのメリット

NURO光forマンション」のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 比較的早く開通できる
  • ユーザー数が多いほど基本料金が安い
  • 25,000円キャッシュバック
  • Softbankユーザーはスマホ代が割引

比較的早く開通できる

NURO光forマンション」は、光回線を建物に提供しています。

すでに建物へNURO光が来ている場合は、宅内工事のみで開通できる為、「NURO光G2 / G2V」に比べると早く開通が出来ます。

ユーザー数が多いほど基本料金が安い

NURO光forマンション」は、集合住宅の建物内にNURO光のユーザーが多いと、ご自身の基本料金が安くなります。

25,000円キャッシュバック

NURO光forマンション」には、申込み特典として25,000円のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックの対象であれば、開通の2ヵ月後に受け取れます。

※「NURO光forマンション」が、すでに導入されているマンションに住んでいる方が対象となります。

Softbankユーザーはスマホ代が割引

Softbankスマホやケータイ利用している方は、NURO光を申し込むと、Softbank携帯電話に以下の割引が適用できます。

おうち割

おうち割は、Softbankの電話料金が携帯電話1台につき、500円から1,000円割引になります。

ホワイトコール24

ホワイトコール24は、「NURO光でんわ」の申し込みが必要ですが、NURO光でんわから全てのSoftbank携帯電話へ通話が無料になります。

また、Softbank携帯電話からNURO光でんわや各社IP電話への通話も無料になります。

携帯電話から無料となるIP電話

Softbank携帯電話からは、以下のIP電話が通話料無料になります。

「NURO 光 でんわ」「BBフォン」「BBフォン(M)」「ケーブルライン」「ひかりdeトークS」「ホワイト光電話」「おうちのでんわ」

NURO光forマンションのデメリット

NURO光forマンション」には、デメリットもあります。

  • 2年定期契約が必須
  • 通信速度が遅くなる場合がある
  • 基本料金が変動する
  • 基本工事費は変わらない
  • 提供エリアが限られる

2年定期契約が必須

「NURO 光 for マンション」は、2年間定期契約が必須のプランですので、期間内の解約やコース変更には解除費用が発生します。

通信速度が遅くなる場合がある

光回線の提供方法が「部屋への提供」ではなく「建物への提供」となる為、回線をマンションの住人で分け合いながら使います。

なので状況によっては、通信速度が遅くなる場合があります。

基本料金が変動する

「NURO 光 for マンション」の基本料金は、建物内のNURO光ユーザー数により変動します。

最安値で利用する為には、10部屋以上のユーザー数が必要なので、ずっと最安値で利用するのは厳しい場合があります。

基本工事費は変わらない

NURO光forマンション」も宅内工事があるので、基本工事費が掛かります。

しかし、基本工事は「宅内」だけにも関わらず、工事の費用は「NURO光G2 / G2V」と変わりません。

また、こちらも実質無料特典が付いていますが、31ヵ月未満の解約で残債を一括で支払う必要がありますので注意しましょう。

提供エリアが限られる

NURO光は、提供エリアが非常に少ないです。

その為、住んでいる場所によっては、提供エリア外の為「利用したくても利用が出来ない」なんて場合もあります。

事前に提供エリアかどうかしっかりと確認をして申し込みをしましょう。

NURO光forマンションの提供エリア

現在の「NURO光forマンション」提供エリアは以下の通りです。

北海道、関東(東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬)、東海(愛知 / 静岡 / 岐阜 / 三重 )、関西(大阪 / 兵庫 / 京都 / 滋賀 / 奈良)、九州(福岡 / 佐賀)※ 一部エリアを除く

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は、NURO光の料金プラン「NURO光forマンション」について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。

Chiku@chiku202006

こちらからのDMでもご意見お待ちしています。

 

それでは。