Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】スクリーンタイムとは?簡単に解説

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今回はiPhoneのスクリーンタイムについてお話しします。

内容に入る前に軽く自己紹介させていただきます。
ご存知の方は飛ばしてください。

ChikuはスマホiPhoneの操作わからないお客様や、機器のトラブルでお困りのお客様に、操作方法やトラブル解決方法を案内する仕事をしています。

この記事はiPhone初心者の方に向けて書いてます。

この記事を読むことで

スクリーンタイムの機能や設定について知る事が出来ます。

スクリーンタイムとは

iPhoneをどのアプリでどれだけ使ったのかを確認できる機能
また使いすぎなどの場合には制限することが出来ます。
さらに、お子様の利用しているiPhoneを制限することも可能です。

スクリーンタイムで管理できる機能

スクリーンタイムでは以下の5つの設定項目を管理できます。

休止時間

iPhoneを使えない時間帯の設定

App使用時間の制限

アプリに1日あたりの使用時間を設定

通信/通話の制限

休止時間中と休止時間外それぞれに、通信や通話ができる人を設定

常に許可

休止時間中でも使える機能を設定

コンテンツとプライバシーの制限

利用できるコンテンツを設定

操作方法

スクリーンタイムを有効にする操作は以下のとおりです。

  1. 「設定」を選択
  2. 「スクリーンタイム」を選択
  3. 「スクリーンタイムをオンにする」を選択
  4. 「続ける」を選択
  5. 「これは自分用のiPhoneです」を選択
  6. 管理したい設定項目を選択

お子様のiPhoneの管理について

お子様をファミリー共有のメンバーに入れていれば、管理されている方がリモートでスクリーンタイムをかける事が可能となります。

ファミリー共有についてはこちらをご確認下さい。

その場合、管理されている方のiPhoneでスクリーンタイム内に、「ファミリー」という欄に、ファミリー共有メンバーの名前が表示されます。
スクリーンタイムを掛けたいお子様の名前を選択することで、お子様のスクリーンタイムを設定する事が出来ます。

ファミリー共有を使っていない方については、お子様のiPhoneでスクリーンタイムを掛けます。

スクリーンタイムのパスコードについて

スクリーンタイムにパスコードを設定しておく事で、スクリーンタイムの変更を管理者にしか出来ないように設定出来ます。パスコードを設定する事で、アプリの利用時間切れの場合に制限時間の延長ができる様になります。
また、お子様に対しては強制的に「コンテンツとプライバシー」の制限をすることが出来ます。

スクリーンタイム・パスコードを忘れた場合

このパスワードを忘れた場合は、iOSが最新であればApple ID/パスワードでパスコードをリセットする事が可能です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はiPhoneのスクリーンタイムについてお話ししました。
今回もわかりやすい様に出来るだけ短く書いたつもりですが、文字だけだとわかりづらい点もあるかと思います。
こちらの記事を読んでも不明な点や気付いた点があれば、コメントか問い合わせフォームよりご指摘いただければ、もっとわかやすい説明になる様、加筆修正したいと思います。

それでは。