Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】そのIDとパスワード、しっかりメモ取って

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今回は操作方法のお話ではなく、IDやパスワードにメモに取りましょうという心構え的なお話なので、不要な戻って頂いてOKです。

結論として

結論だけ先に書きますと、IDやパスワードはメモに残してください。
メモの形はiPhoneの中のアプリでも、実際のノートでも構いません。
サービス名とID/パスワードはしっかりとメモを取りましょう。
Chikuは普通の大学ノートに書いてます。

IDやパスワードを忘れている方が多い

操作の案内係をしていると結構な頻度で下のような質問を受けます。

直接的な質問

  • Apple IDのパスワードがわからない。
  • 画面のロックが解除できない。

間接的な質問

  • 機種変更/代替交換したのでデータを移したい。
  • LINEを消えた/消したので元に戻したい。

そして

  • Apple IDがわからない。
  • LINEのパスワードがわからない。

と言った質問に発展します。

 IDやパスワードがわからないとデータだけでなく時間も失う

IDやパスワードがわかっていれば10分程度で解決できるものが、わからないせいで2時間、3時間、物によっては2、3週間とかかる場合があります。
そこまで時間を掛けたのに結局、「パスワードがわからないので新規登録する」というパターンもありました。

はっきり言ってパスワードがわからないのは時間の無駄です。
そして、その無駄はあなたにだけ発生しているのです。

IDやパスワードが多すぎる

おっしゃる通りです。
ですので、iPhoneで必要な最低限のパスワードを記載します。

  • Apple ID/パスワード
  • パスコード(画面ロック解除)
  • 各キャリア暗証番号やID/パスワード

あくまでも最低限の内容です。
利用状況によって

  • Googleアカウント/パスワード
  • LINEのメールアドレス/パスワード
  • Facebookの電話番号かメールアドレス/パスワード

等々、使うサービスが多ければ多いほど覚えておく必要があるIDやパスワードが増えます。

サービスが違えばパスワードの異なる

そして、これらのパスワードは提供元によってルールが違います。

  • 6文字以上や8文字以上
  • 数字のみで良いもの
  • 英語と数字を混ぜるなければならない物
  • 英語の大文字と小文字を混ぜる必要があるもの

正直すべて覚えておくのは不可能だと思います。
良く使うものであれば忘れないでしょう。
しかし、最初だけ設定して機種変更時まで入力しないなんてものもあります。
その時に慌てない為にもしっかりとメモを残してください。

メモを取るノートは何でもいいと思いますが、Amazonにはパスワード帳なんてものも売っています。
何を記入するかがあらかじめ印字されていますので、こういった専用のメモ帳を購入して管理してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ちなみにChikuも過去にパスワードを忘れてデータを失ったことがあります。
それ以降、普通のノートにパスワードを記載して持ち歩いています。
さらに頻度の高いパスワードはメモアプリに保存しています。