Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【格安SIM】mineo(マイネオ)料金プラン「シングルタイプ」について解説

f:id:ChikuNoShow:20210124222754j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMであるmineo(マイネオ)の料金プラン「シングルタイプ」について解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

mineo(マイネオ)とは

mineoは、株式会社オプテージが提供するMVNO(格安SIM)です。

株式会社オプテージは、関西電力グループの会社となりますが、格安スマホは全国で利用出来ます。

mineoは、3キャリア(ドコモ、auソフトバンク)に対応していますが、選ぶキャリアSIMによりmineoの料金も変わってきます。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは5つあります。

  • デュアルタイプ
  • シングルタイプ
  • エココース(デュアル)
  • エココース(シングル)
  • お試し200MBコース

「お試し200MBコース」以外は、「使うデータ量」と「使うSIM」により、基本料金が変わります。 

今回はシングルタイプについて解説します。

シングルタイプ

シングルタイプは、データ通信のみのプランになります。

基本料金の違いはありますが、メリットもデメリットもデュアルタイプと同様になります。

ドコモSIM

シングルタイプの場合は、au SIMと並んで3キャリアで1番安い基本料金となります。

  • 500MB:月額700円(税抜)
  • 3GB  :月額900円(税抜)
  • 6GB  :月額1,580円(税抜)
  • 10GB:月額2,520円(税抜)
  • 20GB:月額3,980円(税抜)
  • 30GB:月額5,900円(税抜)

ドコモ SIMでシングルタイプを選んだ場合は、SMSの利用ができません。

au SIM

こちらも3キャリアで1番安い基本料金となります

  • 500MB:月額700円(税抜)
  • 3GB  :月額900円(税抜)
  • 6GB  :月額1,580円(税抜)
  • 10GB:月額2,520円(税抜)
  • 20GB:月額3,980円(税抜)
  • 30GB:月額5,900円(税抜)

au SIMを選んだ場合は、au VoLTE対応SIMが必要です。

ソフトバンクSIM

シングルタイプの場合も、ソフトバンクSIMは1番高くなります。

  • 500MB:月額790円(税抜)
  • 3GB  :月額990円(税抜)
  • 6GB  :月額1,670円(税抜)
  • 10GB:月額2,610円(税抜)
  • 20GB:月額4,070円(税抜)
  • 30GB:月額5,990円(税抜)

シングルタイプのメリット

シングルタイプはデュアルタイプの「音声通話が無いプラン」のため、メリットはデュアルタイプと同様のものになります。

シングルタイプのメリットには、以下のようなものがあります。

  • mineoメール
  • パケットオプションが多い

mineoメール

mineoは、格安SIMではめずらしく、メールサービスを付いています。

パケットオプションが多い

mineoには、多くのパケットオプションがあります。

  • フリータンク
  • パケットギフト
  • パケットシェア

フリータンクは、余ったパケットを入れておき、全国のmineoユーザーでシェアするサービスです。
パケットギフトは、自分の余ったパケットをmineoユーザーに送る事ができます。
パケットシェアは、余ったパケットを翌月に繰り越して、最大10回線のメンバーでシェアする事ができます。

これらのパケットオプションを無料で使う事ができます。

シングルタイプのデメリット

シングルタイプはデュアルタイプの「音声通話が無いプラン」のため、デメリットもデュアルタイプと同様のものになります。

シングルタイプのデメリットは以下の通りです。

  • 5G通信は別オプション
  • 全体的に料金が高い

5G通信は別料金

mineoで5G通信を使う場合は、別料金となります。

  • 月額200円(税抜)

全体的に料金が高い

mineoが出た当初であれば、キャリアのプランと比べると安かったでしょう。

しかし、現在はahamoなど各キャリアの格安プランが出ています。

また、各キャリアの既存プランも安くなります。

(ギガホ プレミアやメリハリ無制限)

その為、mineoの現在のプランはどれも割高になっています。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMであるmineo(マイネオ)の料金プラン「シングルタイプ」について解説します。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

Twitter:【 Chiku@chiku202006
Facebook:【 Facebook@Chiku202006
Instagram:【 Instagram@chiku202006
こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【格安SIM】mineo(マイネオ)料金プラン「デュアルタイプ」について解説

f:id:ChikuNoShow:20210123235418j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMであるmineo(マイネオ)の料金プラン「デュアルタイプ」について解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

mineo(マイネオ)とは

mineoは、株式会社オプテージが提供するMVNO(格安SIM)です。

株式会社オプテージは、関西電力グループの会社となりますが、格安スマホは全国で利用出来ます。

mineoは、3キャリア(ドコモ、auソフトバンク)に対応していますが、選ぶキャリアSIMによりmineoの料金も変わってきます。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは5つあります。

  • デュアルタイプ
  • シングルタイプ
  • エココース(デュアル)
  • エココース(シングル)
  • お試し200MBコース

「お試し200MBコース」以外は、「使うデータ量」と「使うSIM」により、基本料金が変わります。

※ 全てを1記事にまとめると、縦にすごく長い記事になる為、この記事ではデュアルタイプに焦点を絞って解説しています。

デュアルタイプ

デュアルタイプは、音声通話とデータ通信が使える標準的なプランになります。

どのキャリアのSIMを選ぶかによって、若干料金が変わります。

音声通話料

デュアルタイプの音声通話は、3キャリアのSIM共通で30秒あたり20円となります。

ドコモSIM

デュアルタイプでドコモSIMを選んだ場合は、基本料金が3キャリア中、2番目の金額になります。

  • 500MB:月額1,400円(税抜)
  • 3GB  :月額1,600円(税抜)
  • 6GB  :月額2,280円(税抜)
  • 10GB:月額3,220円(税抜)
  • 20GB:月額4,680円(税抜)
  • 30GB:月額6,600円(税抜)
au SIM

デュアルタイプでau SIMを選ぶ場合は、基本料金が1番安くなります。

  • 500MB:月額1,310円(税抜)
  • 3GB  :月額1,510円(税抜)
  • 6GB  :月額2,190円(税抜)
  • 10GB:月額3,130円(税抜)
  • 20GB:月額4,590円(税抜)
  • 30GB:月額6,510円(税抜)

au SIMを選んだ場合は、au VoLTE対応SIMが必要です。

ソフトバンクSIM

デュアルタイプでソフトバンクSIMを選ぶと、月々の基本料金が1番高くなります。

  • 500MB:月額1,750円(税抜)
  • 3GB  :月額1,950円(税抜)
  • 6GB  :月額2,630円(税抜)
  • 10GB:月額3,570円(税抜)
  • 20GB:月額5,030円(税抜)
  • 30GB:月額6,950円(税抜)

デュアルタイプのメリット

デュアルタイプのメリットには、以下のようなものがあります。

  • mineoメール
  • パケットオプションが多い

mineoメール

mineoは、格安SIMではめずらしく、メールサービスを付いています。

パケットオプションが多い

mineoには、多くのパケットオプションがあります。

  • フリータンク
  • パケットギフト
  • パケットシェア

フリータンクは、余ったパケットを入れておき、全国のmineoユーザーでシェアするサービスです。
パケットギフトは、自分の余ったパケットをmineoユーザーに送る事ができます。
パケットシェアは、余ったパケットを翌月に繰り越して、最大10回線のメンバーでシェアする事ができます。

これらのパケットオプションを無料で使う事ができます。

デュアルタイプのデメリット

デュアルタイプのデメリットは以下の通りです。

  • 5G通信は別オプション
  • 全体的に料金が高い

5G通信は別料金

mineoで5G通信を使う場合は、別料金となります。

  • 月額200円(税抜)

全体的に料金が高い

mineoが出た当初であれば、キャリアのプランと比べると安かったでしょう。

しかし、現在はahamoなど各キャリアの格安プランが出ています。

また、各キャリアの既存プランも安くなります。

(ギガホ プレミアやメリハリ無制限)

その為、mineoの現在のプランはどれも割高になっています。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMであるmineo(マイネオ)の料金プラン「デュアルタイプ」について解説しました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【格安SIM】ドコモに対抗?日本通信SIMについて解説

f:id:ChikuNoShow:20210122111059j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMである日本通信SIMについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

日本通信SIMとは

日本通信SIMとは、日本通信株式会社が提供するMVNO(格安SIM)です。

日本通信SIMでは、ドコモSIMのみ提供しています。

ドコモに対抗って?

日本通信SIMがドコモに対抗している根拠は、日本通信SIMの公式ページにあります。

公式ページにアクセスすると、大きく「ドコモへの対抗プラン」と表記しています。

また、プラン紹介のページでは事あるごとに「ドコモの半額」など記載されています。

ドコモSIMのみ提供しているMVNOなのに、「ドコモに対抗」と公式ページに書いちゃうのはすごいと思います。

日本通信SIMの料金プラン

日本通信SIMには、3つの料金プランがあります。

  • 合理的20GBプラン
  • 合理的かけほプラン
  • Wスマートプラン

それぞれのプランを個別に見ていきましょう。

合理的20GBプラン

合理的20GBプランは、ahamoに対抗したプランと言えます。

現在の利用可能データ量は16GBとなりますが、ahamo開始と同時に20GBに自動で増量されます。

ahamoのデータ量と同じだけ利用ができて、ahamoよりも基本料金は安いです。

それだけでなく通話料やデータ量の追加料金も、安くなっています。

  • 基本料金:月額1,980円
  • データ通信:16GB(ahamo開始後は20GB)
  • データ追加:1GBあたり250円(30GBまで)
  • 国内通話:70分無料通話

合理的かけほプラン

合理的かけほプランは、音声通話がかけ放題、インターネットが段階制のプランとなります。

  • 料金:月額2,480円
  • データ通信:3GB
  • データ追加:1GBあたり250円(30GBまで)
  • 国内通話:かけほーだい

Wスマートプラン

Wスマートプランは「ケータイ料金も体型もスマートに近づけるプラン」という事で健康サポートアプリ「FiNC」が利用出来るプランです。

  • 料金:月額1,580円
  • データ通信:3GB
  • データ追加:1GBあたり250円(30GBまで)
  • 国内通話:70分無料通話

日本通信SIMのメリット

日本通信SIMのメリットは結構多いです。

それぞれのメリットを個別に解説していきます。

  • すぐに利用可能
  • 通話料が半額
  • データ量を事前に指定出来る
  • データ量の追加も安い
  • 2年縛り、最低利用期間、契約解除料なし

すぐに利用可能

日本通信SIMのプランは、2020年12月10日に開始しています。

キャリアの格安プランは、3月まで待たなければなりませんが、日本通信SIMはもう使う事ができます。

通話料が半額

日本通信SIMの通話料は、30秒あたり10円となります。

ひと月に70分の無料通話が付いているので、そうそう通話料が発生する事はありませんが、各キャリアの格安プランと比較をすると、実に半額で通話が可能です。

データ量を事前に指定出来る

日本通信SIMでは、利用データ量を事前に指定する事ができます。

これにより利用データ量から、毎月の料金を〇〇円以下にすることも出来ます。

データ量の指定は「合理的かけほプラン」以外でも指定が可能です。

データ量の追加も半額

日本通信SIMは、1GBあたり250円で追加ができます。

各キャリアの格安プランは、データ量追加が1GBあたり500円です

日本通信SIMの場合は、各キャリアの半額でデータ量追加をする事ができます。

最低利用期間、契約解除料なし

日本通信SIMには、最低利用期間も契約解除料もありません。

その為、短期間の利用でも安心して試す事ができます。

日本通信SIMのデメリット

日本通信SIMにはメリットがたくさんありましたが、やはりいところばかりではありません。

以下のようなデメリットもあります。

  • ドコモSIM以外の提供なし
  • データ量は翌月繰越なし
  • 各種手数料は掛かる場合がある

ドコモSIM以外の提供なし

日本通信SIMでは、ドコモSIMのみを提供をしています。

その為、auの端末やソフトバンクの端末で利用する場合は、SIMロック解除手続きが必要となります。

ドコモの端末とSIMフリー端末はそのまま利用が可能です。

データ量は翌月繰越なし

日本通信SIMは、その月に利用可能なデータ量が余ったとしても、翌月への繰越はありません。

月額料金が安い上に、20GBまで使えて、追加データ量も250円といい事づくめなので、繰越が無くても大したデメリットではないかも知れませんね。

各種手数料は掛かる場合がある

日本通信SIMでは、申し込みや解約時に各種手数料は掛かる場合があります。

店頭で「スターターパック」の購入時以外は、初期手数料3,000円発生します。

また他社へのMNP転出の場合は、MNP転出手数料として3,000円が掛かります。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMである日本通信SIMについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【格安SIM】BIGLOBEモバイルについて解説

f:id:ChikuNoShow:20210121232729j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMであるBIGLOBEモバイルについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

最近、各キャリアの格安プランや、サブブランドの記事を書いているので、どうせなら他の格安SIMもやってしまおうと記事にしてみました。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

BIGLOBEモバイルとは

BIGLOBEモバイルは、ビッグローブ株式会社が提供するMVNO(格安SIM)です。

BIGLOBEモバイルでは「ドコモSIM」と 「auSIM」を取り扱っています。

BIGLOBEモバイルの料金

BIGLOBEモバイルの料金プランは、大きく分けて3つに分かれます。

  • 音声通話SIM
  • データSIM
  • SMS機能付きデータSIM

それぞれのプランと利用可能データ量の組み合わせで月額基本料金が変わってきます。

音声通話SIM

音声通話SIMのプランは「音声通話」「SMS」「データ通信」が利用出来るプランです。

  • 1ギガ:月額1,160円 (税抜)
  • 3ギガ:月額1,600円(税抜)
  • 6ギガ:月額2,150円(税抜)
  • 12ギガ:月額3,400円(税抜)
  • 20ギガ:月額5,200円(税抜)
  • 30ギガ:月額7,450円(税抜)

また音声通話を行う場合は、以下の通話料が発生します。

  • 国内への通話料:30秒あたり20円
  • 専用アプリでの国内通話:30秒あたり9円

SMS機能付きデータSIM

SMS機能付きデータSIMは、インターネットとショートメールが利用出来るプランです。

LINEやFacebookなどのSNSを利用する際に、SMS認証をする事が多いので、タブレット(iPad除く)を利用する場合はこのプランを使うと思います。

  • 3ギガ:月額1,020円(税抜)
  • 6ギガ:月額1,570円(税抜)
  • 12ギガ:月額2,820円(税抜)
  • 20ギガ:月額4,620円(税抜)
  • 30ギガ:月額6,870円(税抜)

データSIM

データSIMのプランは、主にインターネットだけを利用する場合のプランです。

こちらのプランは、ドコモSIMのみ利用が出来ます。

SMSがの利用が出来ないiPadは、こちらのプランを使うようになると思います。

  • 3ギガ:月額900円(税抜)
  • 6ギガ:月額1,450円(税抜)
  • 12ギガ:月額2,700円(税抜)
  • 20ギガ:月額4,500円(税抜)
  • 30ギガ:月額6,750円(税抜)

BIGLOBEモバイルのメリット

BIGLOBEモバイルを利用するメリットを挙げてみました。

  • 専用アプリで通話料が半額
  • YouTubeが見放題「エンタメフリー・オプション」

専用アプリで通話料が半額

BIGLOBEモバイルには、「BIGLOBEでんわ」という専用アプリがあります。

この「BIGLOBEでんわ」を利用した発信の場合は、通話料が半額になるというメリットがあります。

  • 国内通話料:30秒あたり9円
  • 海外通話料:30秒あたり20円

また、「BIGLOBEでんわ」を利用した国内通話には、かけ放題のようなオプションを付けることも出来ます。

  • 3分かけ放題 / 通話パック60:月額600円(税抜)
  • 10分かけ放題 / 通話パック90:月額830円(税抜)

YouTubeが見放題「エンタメフリー・オプション」

BIGLOBEモバイルには、対象となるサービスをどれだけ使っても、データ使用量がゼロとなる「エンタメフリー・オプション」があります。

  • 音声通話SIM:月額480円(税抜)
  • データSIM:月額980円(税抜)

対象サービスは以下の通りです。

  1. 動画配信 (動画視聴のみ) :YouTube / ABEMA / U-NEXT / YouTube Kids
  2. 音楽・ラジオ配信 (音楽再生/ラジオ聴取のみ):YouTube Music / Apple Music / Spotify / AWA / Amazon Music / LINE MUSIC / radiko / らじる★らじる / dヒッツ / RecMusic / 楽天ミュージック
  3. 電子書籍配信 (閲覧・ダウンロードのみ):dマガジン / dブック / 楽天マガジン / 楽天Kobo
  4. その他のアプリ:Facebook Messenger / au PAY マーケット

また、以下のような場合はノーカウント対象外となるので注意が必要です。

  • エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合
  • 公式アプリ以外での利用
  • 動画配信サービスや音楽・ラジオ配信サービスでの動画・音声の再生以外の操作に伴う通信
  • 複数台端末・複数アプリでの、エンタメフリー対象サービスの同時利用
  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信
  • エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続

 

BIGLOBEモバイルのデメリット

BIGLOBEモバイルにもデメリットはあります。

  • 初期費用や契約解除料が掛かる
  • ソフトバンクSIMは利用出来ない
  • 機器により利用出来ない機能や通信がある

初期費用や契約解除料が掛かる

BIGLOBEモバイルの申し込みには、契約手数料が発生します。

また、音声通話SIMの場合は「最低利用期間」いないでの解約による契約解除料と、MNP転出手数料が別に発生します。

  • プラン申込手数料:3,000円
  • SIMカード準備料:394円
  • 契約解除料(音声通話SIM):1,000円
  • MNP転出手数料(音声通話SIM):3,000円

音声通話SIMの「最低利用期間」は、サービス開始月の翌月から12ヶ月までとなります。

ソフトバンクSIMは利用出来ない

BIGLOBEモバイルが現在提供しているのは、「ドコモSIM」と「au SIM」のみとなります。

ソフトバンクで購入した端末を、BIGLOBEモバイルで利用したい場合は、ソフトバンクSIMロック解除手続きが必要となります。

ドコモやauで購入した端末(2017年8月1日以降に販売したもの)は、BIGLOBEモバイルの「SIMタイプ」さえ合えば利用が可能です。

ご利用端末と「SIMタイプ」が異なる場合は、ドコモやauの機器でもSIMロック解除手続きが必要となります。

機器により利用出来ない機能や通信がある

BIGLOBEモバイルで利用する機種によっては「テザリングが使えない」「3Gが使えない」と言った場合があります。

BIGLOBEモバイルの公式ページで、機種ごとに「どの機能が使えてどの機能が使えないのか」を明記していますので、公式ページの「動作確認端末」をしっかりと確認しましょう。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMであるBIGLOBEモバイルについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMIT Vについて解説

f:id:ChikuNoShow:20210120230433j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

Rakuten UN-LIMIT Vとは

Rakuten UN-LIMIT Vは、第4のキャリアである楽天モバイルの料金プランです。

サービスの提供元は、楽天モバイル株式会社です。

Rakuten UN-LIMIT Vの料金

Rakuten UN-LIMIT Vの料金をまとめてみました。

  • 基本料金:月額2,980円(税抜)
  • 国内通話料:30秒あたり20円
  • 5G通信:0円
  • 利用可能データ量(楽天エリア):使い放題
  • 利用可能データ量(auエリア):月間で5GB
  • データ量超過時の通信速度:最大1Mbps

Rakuten UN-LIMIT Vのメリット

Rakuten UN-LIMIT Vには以下ようなメリットがあります。

  • 基本料金が1年間無料のキャンペーン
  • 専用アプリで通話料が0円
  • 各種手数料が0円
  • 楽天ひかりも1年無料

基本料金が1年間無料のキャンペーン

楽天モバイルでは、基本料金の月額2,980円が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。

  • 300万人限定(増減の可能性あり)
  • 1人1回線1度のみ1年無料

上の条件をクリアした場合は、この先1年間の基本そ料金が無料となります。

※ 端末代や通話料、オプション代金は有料です。

専用アプリで通話料が0円

楽天モバイルには、専用の「Rakuten Link」というアプリがあります。

Rakuten UN-LIMIT Vには、固定電話や他社回線へのかけ放題が含まれているため、「Rakuten Link」アプリ使用した国内への通話は全て無料となります。

またSMSも、国内への送信は無料になります。

各種手数料が0円

楽天モバイルは、各種手数料と契約解除料が無料になります。

申し込みや乗り換え時に無駄なお金がかからないのと、いつでも解約ができて解除手数料が掛からないのは十分なメリットだと思います。

無料となる手数料

契約事務手数料 / SIM交換手数料 / SIM再発行手数料 / MNP転出手数料 / 契約解除料

楽天ひかりも1年無料

楽天モバイル楽天ひかりを両方申し込む場合は、楽天ひかりの基本料金も1年間無料となります。

ただし、楽天ひかりには3年間の定期契約があります。

契約期間中の解除は、契約解除料9,500円が発生しますので注意が必要です。

また、工事費や手数料も無料の対象外となります。

Rakuten UN-LIMIT Vのデメリット

Rakuten UN-LIMIT Vには、以下のようなデメリットもあります。

  • 提供エリアがまだまだ狭い
  • auエリア利用時はデータ利用上限あり
  • 他社の機種の場合は利用出来ない機能あり

提供エリアがまだまだ狭い

楽天モバイルの通信エリアは、まだまだ狭いです。

提供エリア外で利用が出来ないわけではありませんが、エリア外の場合は、au回線を借りて利用することになります。

auエリア利用時はデータ利用上限あり

楽天モバイルで、au回線を利用した場合は、利用可能データ量が5GBとなります。

また、利用可能データ量を超過した場合は、最大速度1Mbpsの通信となり、速度制限の解除には1GBあたり500円(税抜)の「データチャージ」を別途申し込む必要があります。

他社機種の場合、利用出来ない機能あり

楽天モバイルでは、全ての機種が使えるわけではありません。

他社の機器を持ち込んで、SIMのみでの契約となった場合は、機種により使える機能と、使えない機能があります。

乗り換えを検討中の方は、ご自身の機種でどこまで利用ができるのか確認をしておいた方が良いでしょう。

各キャリアの格安プランが出なければ

楽天モバイルは、各キャリアの格安プランが出なければ、間違い無く最安値のキャリアでした。

しかし、突然始まった各キャリアの格安プラン競争のために、エリアの広さや利用可能端末の少ない楽天モバイルは、一気に不利となります。

ただし、利用可能エリアにいる方は、1年間無料で利用できるので使ってみる価値はあるかもしれません。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」について記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【格安SIM】UQ mobile新料金プランについて解説

f:id:ChikuNoShow:20210119152409p:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMUQ mobile」の新料金プランについて解説についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

UQ mobileの新料金プラン

2021年2月1日から受付開始の新料金プランです。

「くりこしプラン」は、ご利用のデータ量により S / M / Lの3種類から選ぶ事ができます。

それぞれのプランの詳細を見てみましょう。

くりこしプランS

  • 基本料金:月額1,480円(税抜)
  • 基本データ量:月間 3GB
  • データ超過時 / 節約モード時:最大300Kbps

くりこしプランM

  • 基本料金:月額2,480円(税抜)
  • 基本データ量:月間 15GB
  • データ超過時 / 節約モード時:最大1Mbps

くりこしプランL

  • 基本料金:月額3,480円(税抜)
  • 基本データ量:月間 25GB
  • データ超過時 / 節約モード時:最大1Mbps

通話オプション

新料金プランの通話は、3プランとも共通で30秒あたり20円の通話料が発生します。

無料通話分が無いので、通話を使う事が多い人は、下記のオプションを別途付ける事ができます。

  • 通信パック(ひと月で60分間)
  • かけ放題(1回10分までの通話)
  • かけ放題(24時間いつでも)

※ 0570 (ナビダイヤル)への特番通話など、以下のような対象外の通話もあります。

0180(テレドーム) / 0570(ナビダイヤル等)から始まる他社が料金設定している電話番号への通話や番号案内(104) / SMS送信 / 衛星電話や衛星船舶電話への通話 / UQmobileが別途指定する電話番号への通話等

通信パック(ひと月で60分間)

月額500円(税抜)で、1ヶ月で60分間の国内通話が無料で出来るオプションサービスです。

電話を掛ける事はほとんど無いけど、掛ける回数や時間が決まってる方向けです。

かけ放題(1回10分までの通話)

月額700円(税抜)で、1回あたり10分までの国内通話が、回数無制限で無料になるオプションです。

通話時間は短いけど頻繁に電話を掛ける人向けのオプションになります。

かけ放題(24時間いつでも)

月額1,700円(税抜)で、国内通話が24時間いつでも無料となる通話オプションです。

たくさん電話をかける人向けのオプションです。

新料金プランのメリット

UQ mobile新料金プランには、以下のようなメリットがあります。

  • 月額料金が安い
  • 余ったデータ量を翌月へ繰り越せる
  • 節約モード時はデータ量消費なし

月額料金が安い

UQ mobileの新料金プランは、S / M / L全てにおいて月額料金が安いです。

利用できるデータ量は少な目ではありますが、後述する節約モードを使って、データ利用をゼロにする事も出来ます。

使い方によっては、安い月額料金の少ないデータ量でも十分に使う事ができます、

余ったデータ量を翌月へ繰り越せる

くりこしプランは、その名前の通り「その月の余ったデータ量を翌月へ繰り越せる」プランです。

繰り越しが出来るデータ量は、旧プランと同様で「ご自身のプランの利用可能データ量まで」となっています。

節約モード時はデータ量消費なし

UQ mobileには「通信速度は遅いけどデータ量消費なし」という節約モードがあります。

通信速度は最大300Kbpsとなりますが、節約モード中に利用したデータ通信量はカウントされず、どれだけ利用してもデータ消費ゼロとなります。

また、節約モードと高速モードの切り替えは、専用アプリ「UQ mobileポータルアプリ」でワンタッチ切り替えが可能です。

新料金プランのデメリット

UQ mobile新料金プランにもデメリットはあります。

  • 4G向けのプラン
  • 2021年4月まではチャージが必要
  • 内容に変更がある可能性あり

上記の他にも、旧プランで紹介したデメリットはそのまま残っています。

旧プランのデメリットは、以下の記事をご確認ください。

【格安SIM】UQ mobileについて解説 - Chiku blog

4G向けのプラン

UQ mobileの新料金プランは、4G向けのサービスとなります。

その為、5Gスマートフォンでは利用が出来ない場合があります。

公式ページで動作確認ができているか確認をしましょう。

2021年4月まではチャージが必要

「くりこしプランM」と「くりこしプランL」のデータ量は、2021年4月まで5GBほど少なく設定されています。(おそらくUQ mobile側のシステムの問題)

各プランの利用可能データ量分は使う事ができますが、5GB分はチャージ操作が必要です。

チャージ時に5,000円の料金が発生しますが、5GB分のデータ料は、割引としてしっかり減額されるのでご安心ください。

内容に変更がある可能性あり

UQ mobile新料金プランは、発表されただけでまだ始まっていないプランです。

公式ページにも「2021年1月13日現在の情報」と記載があるので、今後内容が一部変更される可能性があります。

「ahamo」のように「割引対象端末としてカウントされます」と言った良い方への変更があれば嬉しいですね。

ずーっと月額1,980円~(税別)使えるスマホ【UQmobile】

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMUQ mobile」の新料金プランについて解説について記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。

【格安SIM】UQ mobileについて解説

f:id:ChikuNoShow:20210118223112p:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は、auのサブブランドであるUQ mobileについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

UQ mobileとは

UQ mobileは、KDDIが運営する格安SIMで、auのサブブランドです。

UQ mobileKDDIのグループである為、設備をキャリアから借りるMVNOとは異なります。

この記事は、現状のUQ mobileのプラン解説となります。

2021年2月1日から始まる新料金プランは以下の記事にまとめています。

ぜひご参照ください。

【格安SIM】UQ mobile新料金プランについて解説 - Chiku blog

UQ mobileの料金プラン

UQ mobileの料金プランは現在、以下の2種類(データプランは除く)と選べます。

スマホプランS

スマホプランSの基本情報は以下の通りです。

  • 基本料金:月額1,980円(税抜)
  • 通話料:30秒あたり20円
  • 利用可能データ量:月間3GB
  • 節約モード時の通信速度:最大300Kbps

スマホプランR

スマホプランRの基本情報は以下の通りです。

  • 基本料金:月額2,980円(税抜)
  • 通話料:30秒あたり20円
  • 利用可能データ量:月間10GB
  • 節約モード時の通信速度:最大1Mbps

通話オプション

UQ mobileには、通話量によって選べる音声通話オプションもあります。

  • 国内通話かけ放題:月額1,700円
  • 国内通話10分かけ放題:月額700円
  • 最大60分 / 月までの定額パック:月額500円

無料対象外通話、定額対象外通話があります。

0180(テレドーム) / 0570(ナビダイヤル等)から始まる他社が料金設定している電話番号への通話や番号案内(104) / SMS送信 / 衛星電話や衛星船舶電話への通話 / UQmobileが別途指定する電話番号への通話等

UQ mobileのメリット

UQ mobileには、以下のようなメリットがあります。

  • 契約解除料なし
  • 余ったデータ量は繰越可能
  • 節約モードでデータ量消費なし

契約解除料なし

UQ mobileは、定期契約の必要が無い為、契約解除時に違約金が発生しません。

余ったデータ量は繰越可能

UQ mobileでは、余った利用可能データ量を翌月に繰り越す事ができます。

繰り越せるデータ量についてはプランで利用可能なデータ量(プランSなら3GB、プランRなら10GB)までとなっています。

節約モードでデータ量消費なし

UQ mobileには、節約モードという通信モードがありますの

通信速度は最大300Kbpsとなりますが、節約モード中に利用したデータ通信量はカウントされず、どれだけ利用してもデータ消費ゼロとなります。

また、節約モードと高速モードの切り替えは、専用アプリ「UQ mobileポータルアプリ」でワンタッチ切り替えが可能です。

UQ mobileのデメリット

UQ mobileにもデメリットがあり、以下のような物が挙げられます。

auの通信網のみ利用可能

UQ mobileは、auのサブブランドになります。

その為、利用出来るのは、auの通信網のみとなります。

キャリア端末はSIMロック解除が必要

UQ mobileでは、独自のSIMを用意しているので、キャリア端末を利用したい場合は、ドコモ、auソフトバンク問わずSIMロック解除が必要となります。

また、動作確認済みの機種でない場合は、利用が出来ない可能性もあるので、公式ページから動作確認が取れている機種か事前に確認をしましょう。

一部の機種でテザリング利用不可

UQ mobileでは、一部の機種でテザリングの利用が出来ません。

テザリングを利用する場合は、公式ページの動作確認端末一覧で事前に確認をしましょう。

海外でのデータ通信不可

UQ mobileを海外で利用する場合は、国際ローミング対象の機種であれば、通話とSMSが利用可能です。

しかし、データ通信を利用する事ができません。

UQ mobileを海外で利用する場合は注意が必要です。

 

ずーっと月額1,980円~(税別)使えるスマホ【UQmobile】

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はauのサブブランドであるUQ mobileについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。