Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】機種変更前にやるべき事

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneで機種変更前にやるべき事についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

※この記事は、iPhoneからiPhoneへ機種変更することを前提として書いています。

 

本題に入る前に1つ質問があります。

機種変更が終わった後、今まで利用していたiPhoneをどうしますか?

  1. 自宅で保管
  2. Wi-Fiで利用(または別のSIMで利用)
  3. キャリアの下取り
  4. 知り合いに譲渡
  5. 売却

大体この5つのうちのどれかになると思います。

この後の操作は、この選択肢のどれかによって、必要かどうかが変わります。

 

Apple ID / パスワードの確認

全てのパターンで必要になります。

機種変更前のiPhoneでサインアウトをしたり、新しいiPhoneでサインインや、データの復元をする為に必要です。

 

Apple IDの場合は、「パスワードを忘れた」ということは少ないと思いますが、自分のパスワードが何なのかという事を念のため確認しておきましょう。

 

iPhoneのバックアップ

全てのパターンで必要になります。

 

機種変更で1番心配なのが

「ちゃんとデータを移せるのか」

「データはどうやって移すか」

という事だと思います。

 

iPhoneには、以下のようなデータ移行の方法があります。

  • クイックスタート
  • iCloudバックアップ
  • iTunesバックアップ
  • その他の方法

 

クイックスタート

2台のiPhoneを並べて簡単にデータ移行が出来ます。

クイックスタートはiOS11から利用が出来ます。

また、データのダウンロード(アプリのダウンロード時や、移行にiCloudを使った場合)はデータ量が掛かるのでWi-Fi環境がある方が良いです。

 

iCloudバックアップ

AppleクラウドiCloud」にバックアップを取る方法です。

 

iPhoneで同期をしていないデータと、iCloudに対応しているアプリをバックアップ出来ます。

 

非常に便利なバックアップですが、難点としてはiCloudストレージを消費します。

また、iCloudストレージは同期にも使われるので、写真をたくさん撮っている場合などは、ストレージを買い足すか、データを別の場所に逃す必要があります。

 

iTunesバックアップ

パソコンにAppleのソフト「iTunes」を経由してバックアップを取る方法です。

 

iPhoneの中身を丸ごとバックアップ出来るので、データの復元度合いはiCloudよりも高いです。

また、保存先がパソコンの中なので、パソコンの空き容量が許す限り、無制限にバックアップが取れます。

 

難点としては、パソコンを持っていないとバックアップが出来ないことと、パソコンのある場所でしかバックアップが取れない事です。

パソコンを持っている場合は、クイックスタートで移行するにしても、念のためiTunesでバックアップをとっておくと良いと思います。

 

その他の方法

写真をGoogleフォトにバックアップしたり、個々にアプリのデータ引継ぎをしたりする方法です。

iPhoneは、クイックスタートやバックアップが非常に優秀な為、ほとんど使うことは無いです。

 

各アプリのバックアップ

全てのパターンで必要になります。

各アプリが推奨するバックアップやデータ移行のことです。

 

iPhoneのクイックスタートやバックアップで、アプリを移行できても、アプリを開くとパスワードが求められたり、事前に認証操作を行なっていないと使えないアプリがあります。

 

具体例としてはLINEです。

iCloudバックアップでLINEのデータ移行はされますが、使う為にはLINEのパスワードが必要です。

また、元のiPhoneで「アカウント引き継ぎ設定」をしておかないと、ログインが出来ても「引き継ぎ設定が出来ていない」と表示され使えません。

 

各アプリのヘルプや、提供元のサイトを確認しましょう。

 

iCloudからサインアウト

「3」「4」「5」の場合に必要で、状況により「2」の場合も必要です。

iCloudからサインアウトをする理由としては、iCloudの機能である「探す」または「iPhoneを探す」をオフにする為です。

 

iPhoneの初期化をすれば、データなどは消えます。しかし、内部にApple IDの情報が残っている為、再度使いはじめる際にはApple IDでサインインをしないとiPhoneが利用できません。

 

アクティベーションロックは、下取りや譲渡、売却時に起きやすいトラブルなので、前もってiCloudからのサインアウトを行っておきましょう。

 

もしもサインアウトを忘れた場合

iPhoneのリセット(初期化)」でサインアウトが出来ます。

また、以前のiPhoneを手放した後でも、新しいiPhoneで「探す」アプリからサインアウトをする事も出来ます。

しかし、後からサインアウトをするのは、時間も取られますし、めんどくさいので、出来れば前もってやって置きましょう。

 

SIMロック解除

「4」「5」の場合に必要です。

キャリアが端末に掛けているロックの事です。

 

SIMロックが掛かったままだと、他社のSIMカードを入れてiPhoneを利用する事が出来ません。

知り合いへの譲渡や売却をする場合は、SIMロック解除の手続きをしておきましょう。

 

SIMロック解除手続きには、iPhoneの「IMEI」が必要になります。

 

SIMロック解除については、以前に記事を書いていますので、 ( SIMロック解除について ) を参照して下さい。

 

iPhoneのリセット(初期化)

「3」「4」「5」の場合に必要で、状況により「2」の場合も必要です。

iPhoneを買った時の状態に戻す操作となります。

 

新しいiPhoneでバックアップから復元をした後も、旧iPhoneで各データを確認する事が出来ます。

Wi-Fi通信が必要なものもあります。

新しいiPhoneに「しっかりとデータが移りました」と確認が取れてから行うようにしましょう。

 

iPhoneのリセット手順は

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「一般」を選択
  3. 「リセット」を選択
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

と進んでいく事で行う事が出来ます。

 

Apple IDのサインアウトを行っていない場合は、リセット時にApple IDのパスワードを入力してサインアウトをします。

サインアウトは通信を利用するので、自宅またはテザリングなどでWi-Fiに接続した状態で行いましょう。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneで機種変更前にやるべき事について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。

 

SIMロック解除について

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はSIMロック解除についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

SIMロックとは

各携帯キャリア(ドコモ、auSoftBankなど)が端末に掛けているロックの事です。

SIMロックが掛かっていると、キャリアが指定したSIMしか使えないようになります。

 

例えば、ドコモで買ったiPhoneは、ドコモのSIMカードしか認識せず、auSoftBankのSIMを入れても電話や通信を使う事が出来ません。

 

MVNOへ乗り換えの場合は、各キャリアの回線で提供している会社もあるので、契約時にお使いのキャリアのSIMを指定すれば、SIMロック解除不要で利用ができます。

 

SIMロックの解除

そんなキャリア都合のSIMロックですが、解除することも出来ます。

 

SIMロックの解除には少し条件があります。

  • SIMロック解除対応端末であること
  • ネットワークの利用制限がかかっていないこと
  • 購入後100日経過していること
  • 一括払いで購入または分割支払金の精算済み

 

SIMロック解除の条件で、共通しているところをあげましたが、キャリアにより細かい違いがあります。

 

詳細については、各キャリアのホームページを確認してください。

ドコモ ( SIMロック解除 | NTTドコモ )

au( SIMロック解除のお手続き |  au )

SoftBank ( SIMロック解除 | ソフトバンク )

 

SIMロック解除の方法

SIMロックの解除は、各キャリアのショップかWebサイトから行う事が出来ます。

また、ドコモについては電話受付でも可能です。

 

ショップ、電話で行う場合

携帯電話の契約者がお店に来店し、スタッフにSIMロック解除したい旨を伝えて解除します。

 

電話受付可能なドコモの場合は、契約者がインフォメーションセンターへ連絡して、対応してくれる担当者にSIMロック解除したい旨を伝えて解除します。

 

どちらの方法も、手数料3,000円(税抜)が発生する為、Chikuはおすすめしません。

 

WEBサイトで行う場合

WEBサイトで行う場合は、自分で手続きをしているので、手数料は発生しません。

余計な時間やお金をかけない為にも、WEBサイトからの手続きをおすすめします。

 

詳細については、各キャリアのホームページを確認してください。

ドコモ ( SIMロック解除 | NTTドコモ )

au( SIMロック解除のお手続き |  au )

SoftBank ( SIMロック解除 | ソフトバンク )

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はSIMロック解除について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。

【iPhone】はじめてのiPhone【基礎知識編】

この記事は

「これからiPhoneの購入を検討している方」

iPhoneがどういったものか興味がある方」

に向けて書いている記事となります。

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneの基礎知識についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

iPhoneってどんなもの?

Apple製のiOSというシステムを搭載したApple製の携帯電話で、分類としてはスマートフォンになります。

 

携帯電話キャリアでは、Android端末(GALAXYやXperiaなど)のことをスマートフォンと呼ぶ事が多いです。

 

iPhoneの特徴

iPhoneは中のシステム(iOS)から初期アプリ、本体に至るまで、基本全てAppleで作ってます。

 

また、iCloudというクラウド機能と、iTunesというパソコン用のソフトと、それぞれと連携してデータを移動したり保管したりする事が出来ます。

 

さらに、足らない機能については、App Storeから好きなアプリを、iPhoneに追加して利用します。

 

iPhoneを購入する時は

事前にiPhone本体の容量(ストレージ)を決めます。

 

iPhoneにはSDカードを挿入する事が出来ないので、写真やアプリで本体がいっぱいになると、「容量を買い足す」事が出来ません。

 

万が一、容量がいっぱいになった場合は、iPhoneの中のデータを削除するか、新しいiPhoneに買い替える必要があります。

利用用途を十分に考えて、容量を決めた方が良いです。

 

Chikuのおすすめ

意外と「電話とメールだけしか使わない」という方でも、機種変更をするまでの間に、容量がいっぱいになっている方が結構います。

出来れば最低でも256GBは欲しいと思います。

 

iPhoneを快適に使うには

iPhoneは、iPhoneだけでも利用する事が出来ます。

 

しかし、より快適に使うにはWi-Fiやパソコンがあった方が良いです。

 

Wi-Fiやパソコンは「必ず無いとダメ」という事はないですが、iPhone単体だと出来ないこともあるので、Wi-Fiかパソコン(出来ればWi-Fi)のどちらかが欲しいですね。

 

iPhoneを使う上でWi-Fiやパソコンが必要かという記事を書いています。

良ければ参考にして下さい。

 

iPhoneの良いところ

iPhoneの良いところをまとめてみました。

一部個人の見解が含まれます。

 

表示や操作がほとんど変わらない

iPhoneは見た目や操作方法が、ほとんど変わりません。

これはiPhoneが進化していないという意味ではなく、進化をしてもユーザーが今までと同じように、迷う事なく使えるという意味です。

 

新機種発売やシステムのメジャーアップデートにより、毎年進化していますし、使い勝手は良くなっています。

しかし、ホーム画面や設定は、今までとほとんど変わらず、

 

ChikuはiPhone5sが初めてのiPhoneで、現在がiPhoneXRを使っています。

iPhone5sの時と比べると、便利機能はかなり増えてとても使いやすくなっていますが、操作方法はほとんど変わらず、迷う事なく使えています。

 

機器トラブルを自分で直せる(物理故障除く)

iPhoneでインターネットが使えなかったり、画面が表示されなかったりした場合、8割以上はじぶんで対応ができます。(もちろんネットで調べたり、キャリアやAppleに電話をしたりします。)

 

トラブルが起こった場合は、「設定」や「アプリ」、「システム」と確認をして問題点を特定していきます。

最終的にパソコンを使えば、iPhoneの中身を空っぽにしてシステム自体を入れ直す事が出来ます。

しかし、ここまで確認をしなくても直ることがほとんどです。

 

残念ながら機器自体が物理的に故障(画面割れなど)した場合は、自分で直すのは大変です。

物理故障の場合は、速やかにAppleやキャリアに相談をしましょう。

 

iPhoneへのデータ移行がとても楽

iPhoneiCloudiTunesを使うことで、iPhone間のデータ移行が非常に簡単です。

 

写真や連絡先だけでなく、自分で追加したアプリまで移してくれるという優れものです。

 

iPhoneからiPhoneへの機種変更を経験すると、もうAndroidや他の機器へ変更する気がなくなります。

 

iPhoneの悪いところ

iPhoneの悪いところをまとめてみました。

こちらも個人の見解が含まれます。

 

iPhoneの値段が高い

iPhoneは高性能なAndroidの機種と比べても、iPhoneの本体価格が高めです。

 

値段については、弁解の余地なく高いです。

ちなみに「高性能なAndroid」と書いたのは、iPhoneがスペック的に「高性能なAndroid」に匹敵するためです。

iPhoneAndroidと違って「本体」も「システム」も「CPU」も全てApple監修の元で作られている分、Androidよりも「電池の持ち」や「端末の安定性」は少し有ると思いますが、今の「高性能なAndroid」も結構安定していて、電池も持ちます。

現在では「Androidよりも少し良い」くらいでしょう。

 

値段を気にする場合は、「iPhone SE」を使ってみるというのも、一つの方法だと思います。

 

Androidと同じアプリが利用できない場合がある

Appleはアプリの審査が厳しいようです。

Androidと比べると、インストール出来ないアプリがあります。

また、Androidよりアプリの機能面で制限されていたり、表示などが異なる場合があります。

 

使えない機能が有る

iPhoneでは利用できない機能があります。

代表的なものが「ワンセグ」と「おサイフケータイ」です。

 

ワンセグ」については、iPhoneに機能として搭載されていないので利用ができません。

 

おサイフケータイ」については、「Apple Pay」が使えるようになっています。

最近PASMOApple Payに対応したので、交通系ICカードの利用と、クレジットカード系の「iD」、「QUICPay」などの利用は可能です。

しかし、「nanaco」や「WAON」は対応していないので利用ができません。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneの基礎知識について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。

【iPhone】文字入力の方法について

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneで文字入力をする方法についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

iPhoneのキーボード

iPhoneでは文字入力の際に、画面に表示されているキーボードにより入力方法が変わります。

初期設定で特に変更をしていなければ、以下の4つのキーボードが利用できる状態だと思います。

※設定内のキーボード名で表記しています。

  • 日本語 - かな
  • 日本語 - ローマ字
  • 英語(日本)
  • 絵文字

キーボードは、文字入力時に右下の「地球マーク」をタップする事で簡単に切り替えられます。

 

iPhoneには各国の文字入力に対応しているので、上にあげたキーボード以外を追加することも簡単に出来ます。

※キーボードの追加については後述します。

 

文字入力方法

それぞれのキーボードと、入力方法について解説をします。

 

日本語 - かな

キーボードは「テンキー」です。

携帯電話で文字を打つ時の「あ、か、さ、た、な」の並びと一緒です。

 

数字を入力したい場合は「⭐︎123」、英語を入力したい場合は「ABC」、日本語に戻したい場合は「あいう」をタップする事で、入力文字を切り替える事が出来ます。

 

また、テンキーでの入力方式として、「トグル」と「フリック」があります。

どちらも解説していますが、「フリック」になれると、とてもスムーズに文字入力が出来ます。

テンキーを使う場合は是非「フリック」に慣れていただきたいです。

 

トグル入力

携帯電話と同じ入力方法で、「おはよう」と入力したい場合は、下記のように文字をタップします。

  1. 「あ」を5回タップ
  2. 「は」を1回タップ
  3. 「や」を3回タップ
  4. 「あ」を3回タップ

 

初めてのiPhoneの場合は、何度もタップするやり方で入力をすると思いますが、結構急いで打たないと自動的にカーソルが移動します。

 

フリック入力

スマートフォン(iPhone)特有の入力方式で、入力したい文字を「タップ」と「スワイプ(スライド)」で打つ方法です。

 

「あ」を入力したい場合は、そのままタップすれば「あ」が入力されます。

「あ」以外を入力したい場合は、「あ」を長押しすると、画面に触れている指の周りに「い、う、え、お」が表示されます。

「い」の場合は「い」が左に表示されるので、押さえている指を「い」の方向に、つまり左にスライドします。

「う」の場合は上、「え」の場合は右、「お」の場合は下にスワイプすると入力したい文字が入力されます。

 

先程の「おはよう」の入力をフリックで行う場合は以下のように操作をします。

  1. 「あ」を長押しし、下へスワイプ
  2. 「は」を1回タップ
  3. 「や」を長押しし、下へスワイプ
  4. 「あ」を長押しし、上へスワイプ

 

最初は入力するのに慣れず、苦慮すると思いますが慣れてしまえば、とても便利に入力出来ますので、是非「フリック」を覚えてください。

 

日本語 - ローマ字

キーボードは「QWERTY」と呼ばれるものです。

パソコンのキーボードのような見た目のキーボードです。

 

ローマ字打ちになるので「あ い う え お」は「a i u e o」、「さ し す せ そ」は「sa si su se so」と入力をする必要があります。

 

数字や記号を入力したい場合は、「123」をタップすると数字と一般的な記号が表示されます。

使いたい記号がない場合は、さらに「#+=」をタップすれば、追加で記号が表示されます。

どちらの場合も「あいう」をタップすれば、日本語のローマ字入力に戻れます。

 

次の「英語(日本)」キーボードと同じ並びなのですが、スペースキーを見れば簡単に見分けられます。

「日本語 - ローマ字」の場合は、スペースキーに「空白」と表示されています。

 

英語(日本)

キーボードはこちらも「QWERTY」にまります。

 

英語の場合は、大文字と小文字の入力があります。

基本的に小文字入力になっていますが、大文字で入力したい場合は左下の「↑」をタップします。

「↑」を1回タップすると次の文字が大文字になり、続く文字は小文字となります。

連続して大文字を入力したい場合は、「↑」を素早く2回タップする事で、大文字入力で固定されます。

大文字入力の固定を解除したい場合は、再度「↑」を1回タップすれば解除が出来ます。

 

それ以外は、日本語が打てるか、英語が打てるか、の違いだけで、基本操作は「日本語 - ローマ字」と変わりません。

 

「英語(日本)」の場合は、スペースキーに「space」と表示されています。

 

絵文字

iPhoneに登録されている絵文字の入力をするキーボードです。

結構絵文字の数が豊富なので、どれを使うか迷う事も多いです。

iPhoneの絵文字を携帯電話やAndroidスマートフォンに送信した場合は、自動的に変換されます。

※一部文字化けになる絵文字もあります。

 

キーボードの追加と削除の方法

iPhoneには各国のキーボードがすでに入っているので、韓国語やフランス語を入力したいといった場合には設定から追加をする事が出来ます。

 

追加方法は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「一般」を選択
  3. 「キーボード」を選択
  4. 「キーボード」を選択
  5. 「新しいキーボードを追加…」を選択
  6. 追加したい言語を選択

 

また、追加したキーボードを削除したい場合は、手順「5」で、削除したいキーボードを左にスワイプして削除ができます。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneの文字入力方法について記事にしました。

 

キーボード操作で過去に ( 【iPhone】キーボードの知っていると便利な機能5選【おすすめ】 ) という記事も書いていますので、もし良ければこちらも確認してみてください


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。

【iPhone】アプリをダウンロードしよう!AppStoreの使い方

「アプリのインストール方法がわからない」
「アプリのインストールって難しそう」
「勝手にお金が掛かりそうで心配」
この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

結論として

iPhoneでは、「App Store」アプリから簡単に希望のアプリをインストールできます。

また、初めて「App Store」を利用する場合は、初回の操作だけ少し面倒になります。

 

この記事を読む事で

AppStoreからのアプリのインストール方法がわかります。

また、アプリをインストールする時のポイント等についても紹介しています。

 

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneでアプリをダウンロードする方法についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

アプリの料金について

iPhoneにインストール出来るアプリには、無料のアプリと有料アプリがあります。

またインストール後に別途料金がかかるアプリも存在します。

 

iPhoneに入れるのは無料

アプリのインストール画面で「入手」と表示されているものは無料アプリになります。

 

iPhoneに入れるのは有料

有料アプリは「入手」ではなく、「¥120」など金額が記載されていますので、しっかりと画面を確認しましょう。

 

iPhoneに入れた後、有料(ならない場合も有り)

インストールボタン(「入手」や「¥120」などの表示)の下、または横に「App内課金」と表示されている場合があります。

この場合は、アプリ起動後に「有料」のコンテンツがあります。

 

しかし、必ず料金が掛かるというわけではありません。

アプリの中には「買切りタイプ」のコンテンツと、「月額課金」が発生するコンテンツがあります。

 

例を挙げると、LINEはインストールが無料で利用ができます。

インストール後も、基本機能は制限なく使えます。

買切りタイプ

しかし、「かわいいスタンプを使いたい」といった場合は、個別にスタンプを購入する必要があります。

これがインストール無料のアプリで「App内課金」の「買切りタイプ」です。

月額課金

また、「LINE musicを使いたい」といった場合、LINEの月額課金サービスに申し込みが必要です。

これがインストール無料のアプリで「App内課金」の「月額課金」です。

 

このようにインストールが無料のアプリでも、アプリ内の追加機能を使う場合は、「App内課金」と表示され別途料金が発生する場合があります。

 

アプリをインストールする前

iPhoneでアプリをダウンロードするにはApple IDが必要です。

 

まだ登録をしてない方は、簡単に作れるので事前に作成しておきましょう。

Apple IDの作成方法は 

【iPhone】Apple IDの新規作成方法 

を参照下さい。

 

Apple IDでApp storeにサインインをしていない場合は、インストール直前でApple IDとパスワードを入力してサインインする必要があります。

メモなどがある場合は準備をしておきましょう。

 

Apple IDに「支払い情報の登録」が済んでいない場合も、情報の追加登録が必要となります。

その場合、アプリのインストール時に、過去に使用された事がありません」と表示されるので、「支払い情報の登録が済んでいない場合」の手順で進めましょう。

 

アプリのインストール方法

iPhoneには、アプリをダウンロードする入り口としてApp Storeが用意されています。

 

アプリのダウンロード方法は以下の通りです。

  1. App Store」を選択
  2. 画面右下の「検索」を選択
  3. アプリの名前や欲しい機能名を入力
  4. キーボードの「検索」ボタンで検索
  5. 表示されたアプリ一覧より希望のアプリを選択
  6. 「入手」を選択
  7. Apple ID」と「パスワード」を入力
  8. 「サインイン」を選択
  9. 画面下部の「インストール」を選択

 

手順「7」で「パスワード」のみの入力の場合は、すでにサインイン済みとなります。

 

支払い情報の登録が済んでいない場合

手順「8」を選択後、「このApple IDは過去にiTunes Storeで使用された記録がありません」と表示された場合は、下記手順で進みます。

  1. 「レビュー」を選択
  2. 「日本」になっていることを確認
  3. 「同意」がオンになっていることを確認
  4. 「次へ」を選択
  5. 支払い方法を選択(「なし」が選択出来る場合は、とりあえず「なし」でOKです)
  6. 「氏名」や「住所」などを入力(入力欄は「住所2」以外全て入力する必要があります。
  7. 「続ける」を選択

 

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回はiPhoneでアプリをダウンロードする方法についてお伝えします。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。

それでは。

【iPhone】FaceTimeについて

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はFaceTimeについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

FaceTimeとは

iPhoneからApple製品(iPhoneiPadiPod touchMac)に対して通話、ビデオ通話が出来る機能

 

Wi-Fiまたはモバイルデータ通信を使うため通話料は発生しません

 

また、FaceTimeでは1人から複数人のグループで通話やビデオ通話が出来ます。

 

設定からFaceTimeの確認

FaceTimeを利用する前に、設定からFaceTimeがオンになっているか確認しましょう。

 

iPhoneの場合は、自動的に電話番号が登録されるので問題は無いはずですが、念のため確認しましょう。

iPadiPod touchの場合はApple IDでサインインをする必要があります。

 

FaceTimeで通話をする方法

FaceTimeで通話やビデオ通話をするには、相手の電話番号またはメールアドレスが必要です。

 

操作方法は以下の通りです。

  1. FaceTimeアプリを起動
  2. 右上の「+」を選択
  3. 宛先に電話番号またはメールアドレスを入力
  4. 音声通話の場合は「オーディオ」、ビデオ通話の場合は「ビデオ」を選択

 

「3」で入力欄の右にある「+」をタップすると連絡先が開きます。

開いた連絡先から相手を選んで、「受話器マーク」を押せば音声通話、「ビデオカメラマーク」を押せばビデオ通話を始める事が出来ます。

 

通話中にFaceTime切り替え

iPhoneで通話中もFaceTimeに切り替える事が出来ます。

通話中に画面を見ると「FaceTime」アイコンが表示されているので、タップをすれば切り替えられます。

 

通話中の着信

前の項とは逆に、通話中に着信が来た場合は、対処方法が3つ用意されています。

  • 通話中の電話を切って、着信に出る
  • 通話中の電話を保留にして、着信に出る
  • 着信を拒否する

 

おまけの機能

FaceTimeにはビデオ通話楽しくする機能が搭載されています。

 

1つはミー文字の利用になります。

ビデオ通話中に、通話画面の「エフェクト」を押すことで、自分の顔をミー文字に変更する事が出来ます。

口を開けたりすると、ミー文字も合わせて動くので結構面白いです。

 

また、ビデオ通話中の様子を写真で撮ることもできます。

こちらはChiku自身使った事がないですが、通話画面のシャッターボタンを押すことで、「Live Photos」の写真が撮れるようです。

※通話参加者のiOSが12.1.4以上でないと使えないようです。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はFaceTimeについて記事にしました。

 

今はLINEやキャリアのかけ放題があるので、誰かと連絡を取るためには使いません。

しかし、Chikuは意外な使い方でFaceTimeを結構使っています。

FaceTimeで息子と電話ごっこしてます。

息子は音声通話でもビデオ通話でも、結構楽しそうに話してくれて、ミー文字を使うと喜んでくれます。

 

本来の使い方では無いですが、Chiku家にとってはFaceTimeは結構良い機能です。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。

【iPhone】iMessageとSMS、MMSについて

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneのiMessage(アイメッセージ)とSMS/MMSについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

iMessageとは

iPhone同士で送受信が出来るメールです。

もう少し詳しく言うと「Apple製の機器(iPhone iPad iPod touch Mac)」同士であれば送受信が出来ます。

 

iMessageのメールの送受信は「メッセージ」アプリを使って行います。

 

「メッセージ」アプリで電話番号かメールアドレスを選択し、メール本文を送信すると、システムが自動で相手がiMessageを利用出来るかどうかを判断してくれます。

 

iMessageで送信された文章は、「青い吹き出し」で表示されるので、一眼でわかるようになっています。

 

iMessageはMMSと似ていて、文章や写真、動画を送る事が出来ます。

また、「ミー文字」と呼ばれる、LINEのスタンプ機能に似た絵文字も送信が出来ます。

 

iMessageはWi-Fiまたは、モバイルデータ通信を使用して送受信をします。

そのため、送信も受信もデータ量を消費します。

 

SMS/MMSとの違い

「メッセージ」アプリではiMessage以外にも、SMSやMMSといった形式のメールを送る事が出来ます。

 

SMSの特徴

SMSは一般的にショートメールと呼ばれているメールです。(正式にはショートメッセージサービス)

iPadはSMS非対応なの、送信も受信もできません。

 

電話番号で送受信をするため、データ量の消費が無いのですが、送れる文字数の制限があることと、送信時に必ず料金が掛かります。

 

SMSでは送信文字数が全角70文字までの場合は、1通あたり3円の送信料が掛かります。

 

70文字を超える場合は、最大で670文字まで送信が出来ますが、料金も文字数により3円単位で増えていき、最大で30円まで掛かります。

しかし、受信は無料なのでいくら受け取っても料金は発生しません。

 

SMSで送信出来るものは、テキスト(文章)と一部の絵文字のみになります。

SMSで送信したメッセージは、緑色の吹き出しで表示されます。

 

ドコモ、auSoftBankであれば、利用はできますが、格安SIMなどを利用している方は、SMSを使うための契約が別途必要な場合があります。

 

MMSの特徴

MMSはマルチメディアメッセージングサービスで、写真や動画に対応したメールになります。

ドコモはMMS非対応のため、送信も受信も出来ません。

 

MMSはキャリアのメールアドレスを使って、送受信をします。(同じキャリアの場合は電話番号で送受信が可能)

MMSも文章や写真、動画を送る事が出来ます。

また、送信したメッセージは、MMSの場合も緑色の吹き出しで表示されます。

 

通常のEメールとは違うので、Gmailなどを使って送信をしたり受信をしたりは出来ません。

 

MMSでの送受信はWi-Fiまたは、モバイルデータ通信を使用します。

そのため、MMSも状況によっては、データ量を消費します。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneのiMessageとSMS/MMSについて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。