Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【ドコモ】dショッピングについて解説

この記事をシェアする

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はドコモのdショッピングについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

dショッピングとは

dショッピングは、ドコモの提供するショッピングサイトです。

ドコモの回線契約が無くても、dアカウントがあれば、利用ができます。

 

取り扱い商品ジャンルが多い

dショッピングでは幅広いジャンルの商品を取り扱っています。

厳選された様々なジャンルの商品が揃っています。

 

取り扱い商品ジャンルは以下の通りです。

食品・飲料・グルメ / お酒 / 家電・カメラ・パソコン / 日用品・ドラッグストア / CD・DVD / 本・コミック / 趣味・アウトドア・スポーツ・DIY / 家具・インテリア / ペット用品 / マタニティ・ベビー / 全国物産・工芸品

 

dポイントがたまる、使える

dショッピングでは、dポイントを使って買い物をする事ができます。

dポイントは期間・用途限定でも使えます。

また、dショッピングで買い物をすると、100円につき1ポイントがもらえます。

 

毎月20日はdショッピングデー

dショッピングでは、毎月20日にdポイントが20倍になるキャンペーンを行っています。

このキャンペーンはエントリーが必要です。

また、購入金額が送料込みの税抜き合計4,000以上のお買い物に対して適用されます。

 

条件を満たすと、100円につき19ポイントのdポイント(期間・用途限定)が追加で貰えます。

また、dポイント利用分20%還元のキャンペーンも同時開催されており、dポイントで購入してもdポイントが貰えます。

 

dショッピングの支払い方法

dショッピングの支払い方法は、クレジット払いとドコモ払いとdポイントが利用できます。

ドコモの回線契約がない場合は、クレジット払いになりますが、ドコモの回線契約がある方は、ドコモの携帯電話料金と一緒に支払いができる「ドコモ払い」も利用ができます。

 

dショッピングのデメリット

dショッピングは、ドコモが提供しているだけあって、そこそこ大きなショッピングサイトですが、大手と比べると色んなものが少ないです。

 

商品数は少ない

dショッピングは取り扱い商品ジャンルこそ多いですが、Amazon楽天と比べると商品数はやはり少ないです。

 

選べる支払い方法が少ない

dショッピングは商品の支払いが、ほぼクレジットカード一択です。

※ ドコモを利用している場合は、ドコモ払いも使えます。

支払い方法の選択肢に、「代引き」や「振り込み」がありません。

 

貰えるdポイントが期間・用途限定

今回紹介したキャンペーン以外にも、dポイントが貰えるキャンペーンは多々有りますが、全て期間・用途限定のポイントです。

 

dショッピング公式サイト

dショッピングには、以下のリンクから進む事ができます。

ドコモの通販サイト - dショッピング|dポイント・ケータイ払いが使える通販(dマーケット)

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はドコモのdショッピングについて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006

こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。