Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【格安SIM】Y!mobileについて解説【メリットとデメリット】

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210116220052j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMY!mobileについて解説します。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

Y!mobile(ワイモバイル)とは

Y!mobileは、ソフトバンクが運営する格安SIMのサブブランドです。

Y!mobileソフトバンクのグループである為、設備をキャリアから借りるMVNOとは異なります。

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの基本料金は3種類で、利用可能データ量により金額が変わります。

  • プランS(3GB):月額2,680(税抜)
  • プランM(10GB):月額3,680(税抜)
  • プランR(14GB):月額4,680(税抜)

利用可能データ量を超過した場合、プランSは最大300kbps、プランMとプランRは最大1Mbpsの通信速度となります。

Y!mobileの基本料金には、すべてのプランに1回あたり10分間の通話無料が付いています。

10分を超えた通話については30秒あたり20円の通話料が発生します。

無料通話には無料対象外の通話があります。

国際ローミング / 国際電話(海外への通話) / 留守番電話センターへの通話料(再生)やナビダイヤル(0570) / テレドーム(0180) / 番号案内(104)など

割引サービス

Y!mobileは、割引サービスの適用で月額料金が更に安くなります。

割引サービスには、以下のようなものがあります。

  • 新規割
  • ワイモバ学割
  • おうち光セット割
  • 家族割引サービス
新規割

加入翌月から6ヵ月間基本使用料が、毎月700円割引となります

ワイモバ学割
  • 対象は5歳から18歳までの契約者または利用者
  • 適用されると家族も一緒に割引
  • 割引対象期間は1年間
  • 1〜7ヶ月と8〜13ヶ月目で割引金額が異なる
  • 新規割と併用不可
おうち光セット割

Y!mobileと一緒に自宅の固定回線をSoftBank光、またはSoftBank AirにするとY!mobileの月額料金が割引されます。

SoftBank光の場合は、固定回線側の指定オプションサービス月額500(税抜)への加入が必要です。

家族割引サービス

複数の回線を指定料金プランで契約すると、2回線目以降の各基本使用料が毎月500円の割引になります。

Y!mobileのメリット

Y!mobileを利用するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 一定期間は費用が安い
  • SIMカードだけの契約が可能
  • Yahoo!の利用でデータ量の追加が無料

一定期間は費用が安い

Y!mobileの各種割引サービスを適用すると、月額料金が安くなります。

利用プランと割引適用状況によっては、月額900円(税抜)と1000円札でお釣りが来る料金となります。

SIMカードだけの契約が可能

Y!mobileでは、スマホの通信に必要な「SIMカード」のみを契約する事が可能です。

機種をY!mobileで購入することも出来ますが、端末スペック的におすすめは出来ません。

SIMカードを単体で契約する場合は、動作確認済みのSIMロック解除済み端末が必要です。

Yahoo!の利用でデータ量の追加が無料

Y!mobileではパケットマイレージというポイントサービスがあり、80マイル以上貯めると、貯まったマイルのランクに応じて、翌月、高速で使えるデータ容量の追加料金が無料になります。

マイルを貯める方法は、以下の通りです。

Y!mobileのデメリット

Y!mobileを利用するデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 利用可能データ量が少なめ
  • 割引サービスが無いと意外と高い
  • 割引サービスの期間に注意

利用可能データ量が少なめ

Y!mobileは、利用出来るデータ量が1番大きなプランでも、14GBと少なめです。

利用可能データ量を増やす「データ増量オプション」月額500円(税抜)もあります。

  • プランS:1GB増量
  • プランM / プランR:3GB増量

※ 現在Y!mobileでは「データ増量無料キャンペーン」中ということで「データ増量オプション」が1年間無料で利用出来ます。

割引サービスが無いと意外と高い

Y!mobile格安SIMとして紹介していますが、割引サービスが適用されていないと、意外と高いです。

  • プランR(14GB):月額4,680(税抜)

Y!mobileのプランですが、ご自身のスマホの月額料金と比べていかがでしょうか。

Chikuは「キャリアの料金より少し安いくらい」としか思いません。

格安SIMでも、割引サービスが適用されていない基本料金は、意外と高いのです。

「なんか突然携帯代が高くなった!」とならない為にも、しっかりと基本料金を把握しておきましょう。

割引サービスの期間に注意

Y!mobileの割引サービスについて注意が必要なのが、割引サービスの適用期間です。

割引サービスの適用期間を十分に理解した上で、契約をしていれば、何も問題はありません。

しかし、安い月額料金だけしか意識していなかったりすると、6ヶ月目から少し高くなり、1年後には「キャリアの料金より少し安い」程度にまで上がっている事があります。

スマホ料金と割引サービス適用期間を、しっかりと把握しておきましょう。

 

【Yステーション】お問合せ・お申込みはこちら

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMY!mobileについて解説しました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。