Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

3キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」のまとめ

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210115232537j:image

この記事は
「キャリアの格安プランってどんなもの?」
「各キャリアでどう違うの?」
「格安プランはどんな人におすすめ?」
こういった疑問にお答えします。

 

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は3キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」のまとめについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

3キャリアの格安プラン

携帯キャリア御三家のドコモ、auSoftBankが2021年3月より開始する格安プランです。

各キャリアのブランド名と基本料金は、以下の通りです。

ドコモ

3キャリアの中で、1番最初に発表されたドコモの格安プランです。

  • ブランド名:「ahamo(アハモ)」
  • 基本料金:月額2,970円(税込)
  • 5分間通話無料:込み(超過時は30秒で20円)
ahamo公式ページ

ahamo公式ページは以下リンクより進めます。

ドコモの格安プランに興味がある方は、是非覗いてみてください。


容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

au

1番最後に発表されたプランです。

5分間通話無料を別オプションにする事で、基本料金が1番安くなっています。

  • ブランド名:「povo(ポヴォ)」
  • 基本料金:月額2,480円(税抜)
  • 5分間通話無料:有料オプション

Softbank

ドコモに追従する形で発表された、ソフトバンクの格安プランです。

料金は「ahamo」と同じですが、LINEが使い放題になるメリットがあります。

  • ブランドコンセプト:「Softbank on LINE」
  • 基本料金:月額2,980円(税抜)
  • 5分間通話無料:込み(超過時は30秒で20円)

3キャリア共通点

3キャリアで共通していることは、以下の通りです。

  • オンライン専用ブランド
  • 申し込みはMNP(乗り換え)扱い
  • 通話料が30秒あたり20円
  • 利用可能データ量20GB
  • 利用可能データ量超過時は1Mbps
  • データ量追加1GB500円
  • 定期契約や解約金なし
  • キャリアの安定した通信を利用出来る

3キャリアで共通している1番大切な事は「オンライン専用ブランド」である事です。

そして、次に大切な事は「申し込みはMNP(乗り換え)扱い」になると言う事です。

この2点については、以下で解説します。

オンライン専用ブランド

申し込みや各種手続き、操作方法などのサポートに至るまで、全てオンラインで行います。

ショップや電話での手続き・サポートがない為「自分で調べる」「自分で手続きをする」という事が出来ない場合は、少しハードルが高いプランです。

申し込みはMNP(乗り換え)扱い

各社の格安プランの申し込みは、MNP(乗り換え)扱いとなります。

これにより、そのキャリアの継続利用年数がリセットされたり、キャリアの割引サービスが適用されないと言うデメリットがあります。

格安プランに乗り変える場合は、現在の契約や割引適用状況をしっかり行いましょう。

向いている方

以下のような方は、キャリアの格安プランへ切り替えても良いと思います。

  • 手続きや操作を自分で調べて出来る人
  • 継続利用年数がリセットされても影響が無い人
  • 乗り換えても家族の料金に影響がない人
向いていない方

逆に以下のような方は、格安プランへの乗り換えが向いていないと思います。

  • 手続きが自分一人で出来ない人
  • 操作などでサポートが必要な人
  • 継続利用年数によるメリットがある人
  • 家族の割引に影響がある人(ahamo除く)

各ブランドの特徴

各ブランドには、良い点も悪い点も含めて特徴があります。

それぞれのブランドの特徴は、以下の通りです。

ahamo

  • 海外82ヵ国で利用しても追加料金なし

1番最初に発表された格安プランになる為、3キャリアが出揃った現在では「海外でも追加料金無し」くらいしか目を引く場所がありません。

強いて言うなら、ドコモの広いエリアをそのまま利用出来ると言うことくらいでしょう。

2021年1月14日、ドコモは「ahamo」を各種割サービスの対象端末としてカウントすると発表しました。

これにより「ahamoは割引にならないけど、家族の割引はそのままになりました。

こんな人におすすめ
  • 海外へ渡航する事が多い人
  • ドコモの通信エリアを利用したい人
ahamoの記事

【ドコモ】ahamoの各種割引サービスについて解説 - Chiku blog

ahamo公式ページ

ahamo公式ページは以下リンクより進めます。

ドコモの格安プランに興味がある方は、是非覗いてみてください。


容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

povo

  • 基本料金が1番安い
  • オプショントッピング形式
  • 5分通話無料はオプション

「povo」は3キャリアの中で、最も基本料金が安いブランドです。

これはドコモとSoftBankにはある「5分間通話無料」が、オプションで別料金となる為です。

通話無料オプションをつけた場合は、他キャリアと料金が同じになります。

また、24時間データ量が使い放題になるオプションもあり、利用状況に応じて付け外しが可能です。

こんな人におすすめ
  • 通話をほとんど利用しない人
  • データ通信メインでスマホを利用する人
povoの記事

【au】「povo」の料金やメリット・デメリットについて解説 - Chiku blog

Softbank on LINE

  • LINE利用時のデータ量がノーカウント

Softbank on LINE」は、LINEのトークと無料通話利用時のデータ通信量がノーカウントになります。

言い換えると「LINEの基本機能が使い放題」になります。

こんな人におすすめ
  • LINEで頻繁にビデオ通話をする人
Softbank on LINEの記事

【ソフトバンク】「SoftBank on LINE」の料金やメリット・デメリットについて解説 - Chiku blog

格安プランの最大のメリット

これはChikuの超個人的な意見ですが、格安プランの最大のメリットはこれです!

「格安プラン申し込みはMNP(乗り換え)扱い」

格安プランに申し込むことで、継続利用年数のリセットや、割引サービスの適用が無くなるというデメリットはあります。

しかし、それによりキャリアに依存しなくて良くなります。

  • 「操作方法が分からなくても、ドコモは電話で聞けるから安心だよね」
  • 「長年ソフトバンクを使っているから、次の機種はソフトバンクで契約した方がメリットが多いよね」
  • 「家族がauだから、わたしもauにした方が割引が多いよね」

違います。

もちろん、現状のプランは電話や窓口で、簡単に手続き出来たり、サポートが受けられます。

そういった事が必要な方は、現状のプランを使って下さい。

長期間の利用者に対しての特典もあります。

それでも、現状のキャリアの料金は高いのです。

  • ショップやサポートを何回使いましたか?
  • 長期間の特典を有効に使えていますか?

ご自身の状況をよく考えてみてください。

現在はインターネットで大体の手続きが出来ます。

操作方法が分からなくても、ググれば大体出てきますし解決ができます。

自分でできる事を自分でやって通信費を安くするか、現状のまま高いプランを使い続けるかは、それはあなた次第です。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は3キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」のまとめについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。