Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【格安SIM】イオンモバイルについて解説

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210210213957j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回は格安SIMのイオンモバイルについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

イオンモバイルとは

イオンモバイルとは、イオンリテール株式会社が提供する格安SIMになります。

イオンモバイルは、ドコモ回線とau回線を採用しています。

イオンモバイルの料金

イオンモバイルの料金プランは、全部で41種類と非常に多いです。

データ量が細かく設定されているので、ご自身にあったデータ量を選びやすくなっています。

基本料金

基本料金は大きく分けると、3種類になります。

  • 音声プラン
  • データプラン
  • シェアプラン

各プランには、60歳以上の人向けプランも用意されています。

音声プラン

音声プランは、音声通話とインターネット、SMSが利用可能な標準プランです。

  • 音声500MBプラン:月額1,130円(税抜)
  • 音声1GBプラン:月額1,280円(税抜)
  • 音声2GBプラン:月額1,380円(税抜)
  • 音声4GBプラン:月額1,580円(税抜)
  • 音声6GBプラン:月額1,980円(税抜)
  • 音声8GBプラン:月額2,680円(税抜)
  • 音声12GBプラン:月額2,980円(税抜)
  • 音声14GBプラン:月額3,580円(税抜)
  • 音声20GBプラン:月額3,980円(税抜)
  • 音声30GBプラン:月額4,980円(税抜)
  • 音声40GBプラン:月額5,980円(税抜)
  • 音声50GBプラン:月額6,980円(税抜)
データプラン

データプランは、インターネットとSMSが利用できるプランです。

  • データ1GBプラン:月額480円(税抜)
  • データ2GBプラン:月額780円(税抜)
  • データ4GBプラン:月額980円(税抜)
  • データ6GBプラン:月額1,480円(税抜)
  • データ8GBプラン:月額1,980円(税抜)
  • データ12GBプラン:月額2,380円(税抜)
  • データ14GBプラン:月額2,980円(税抜)
  • データ20GBプラン:月額3,280円(税抜)
  • データ30GBプラン:月額4,280円(税抜)
  • データ40GBプラン:月額5,480円(税抜)
  • データ50GBプラン:月額6,480円(税抜)
シェアプラン

シェアプランは、1人で複数の端末を持っている人や、家族で利用する人向けのプランです。

  • 音声シェア4GBプラン:月額1,780円(税抜)
  • 音声シェア6GBプラン:月額2,280円(税抜)
  • 音声シェア8GBプラン:月額2,980円(税抜)
  • 音声シェア12GBプラン:月額3,280円(税抜)
  • 音声シェア14GBプラン:月額3,880円(税抜)
  • 音声シェア20GBプラン:月額4,280円(税抜)
  • 音声シェア30GBプラン:月額5,280円(税抜)
  • 音声シェア40GBプラン:月額6,280円(税抜)
  • 音声シェア50GBプラン:月額7,280円(税抜)

音声通話

イオンモバイルは、通常の電話アプリで音声通話を行なった場合、以下の通話料がかかります。

  • 国内通話料:30秒あたり20円
050かけ放題オプション

イオンモバイルには、050で始まる電話番号をもらえる「050かけ放題オプション」があります。

050かけ放題オプションは、名称通り電話かけ放題のオプションで、IP電話のため「データプラン」でも利用する事が出来ます。

  • 050かけ放題オプション:月額1,500円(税抜)
専用アプリ「イオンでんわ」

イオンモバイルには、国内通話料が半額になる「イオンでんわ」があります。

また通話を多くする人の為に、10分のかけ放題オプションも用意されています。

  • 国内通話料: 30秒あたり10円
  • イオンでんわ10分かけ放題:月額850円(税抜)

データ通信

イオンモバイルでは、当月に使いきれず余ったデータ量は翌月へ繰り越せます。

繰り越しやデータ量は翌月末まで利用ができます。

ひと月の利用可能データ量を超過した場合には、通信速度が最大200Kbpsとなります。

速度制限を解除するには、解除料金が発生します。

  • 1GBあたり480円(税抜)

イオンモバイルのメリット

イオンモバイルには、以下のメリットがあります。

  • 低速切替でデータ消費なし
  • イオンでサポートを受けられる
  • 最低利用期間・契約解除料なし

低速切替でデータ消費なし

イオンモバイルには「イオンモバイル速度切り替え」アプリがあり、200Kbpsの低速モードへ簡単に切り替える事が出来ます。

低速モードでの通信は、データ量を消費しなくなります。

 LINEやメールなどを使うときは低速モードに切り替えるなど、上手にデータ量をやり繰りしましょう。

イオンでサポートを受けられる

イオンモバイルは、全国200以上の店舗でサポートを受ける事が出来ます。

料金プランの変更や故障修理などは、イオンに行けばサポートを受けられます。

※ 有料のサポートも有るので事前に確認をしましょう。

最低利用期間・契約解除料なし

イオンモバイルには、利用期間による縛りがありません。

その為、契約解除時に契約解除料が掛からないというメリットがあります。

※ 他社へ乗り換え時のMNP転出手数料は掛かります。

イオンモバイルのデメリット

イオンモバイルのデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 事務手数料が掛かる
  • プランが多すぎてわかりづらい
  • 大容量は普通に高い

事務手数料が掛かる

イオンモバイルでは初期費用として、事務手数料が掛かります。

  • 初期費用:3,000円(税抜)

プランが多すぎてわかりづらい

イオンモバイルのプランは、全部で41種類!

音声通話だけでも12種類(シニアプラン含めると16種類)もあります。

たくさんプランがあるとどれを選んでいいのか分かりづらく、結果的に自分の利用するデータ量以上の契約をしてしまう恐れがあります。

低容量のプランが豊富にあるので、自身の利用データ量をしている人は、適切なデータ量を選ぶ事が出来ます。

契約前に過去3ヶ月くらいのデータ量は確認をしておきましょう。

大容量は普通に高い

イオンモバイルの大容量プランは、キャリアのプランと変わらない料金です。

  • イオンモバイル:月額6,980円(税抜) / 50GB
  • ドコモのギガホ:月額7,150円(税抜) / 30GB
  • ギガホ プレミア:月額6,550円(税抜) / 60GB

ドコモのギガホは、キャンペーンで60GBに増量されています。

ドコモの新料金プラン「ギガホプレミア」になると、イオンモバイル以上のデータ量が使えて、イオンモバイルよりも安く提供されています。

大容量プランは、ちょっと割高になるので注意が必要です。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は格安SIMのイオンモバイルについて記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。