Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【格安SIM】LIBMO新料金プラン「なっとくプラン」について解説

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20210316211413j:image

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はLIBMOの新料金プラン「なっとくプラン」についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

なっとくプランとは

なっとくプランとは、LIBMOが2021年3月15日に発表した新料金プランです。

LIBMOではドコモSIMを採用しています。

ひと月に利用するデータ量に対しての基本料金が変わりましたが、それ以外の部分は特に変更点はありませんでした。

なっとくプランは、すでにスタートしているプランで申し込み可能です。

なっとくプランの基本料金

なっとくプランの基本料金は、2つのSIMタイプと5つのデータ量の組み合わせで決まります。

音声通話機能SIM

音声通話機能SIMは、データ通信と音声通話、SMSが利用可能なSIMです。

  • ライト(無制限):月額980円(税抜)
  • 1GB:月額980円(税抜)
  • 5GB:月額1,380円(税抜)
  • 20GB:月額1,810円(税抜)
  • 30GB:月額2,480円(税抜)

ライトプランは、最大通信速度200kbpsの低速プランがあります。

他のプランに比べると、インターネットの表示がやや遅く感じる速度ですが、データ量超過による速度制限は掛かりません。

データ通信専用SIM

データ通信専用SIMは、名称通りデータ通信のみ利用可能です。

  • ライト(無制限):月額480円(税抜)
  • 1GB:月額680円(税抜)
  • 5GB:月額1,150円(税抜)
  • 20GB:月額1,810円(税抜)
  • 30GB:月額2,480円(税抜)

なっとくプランの通話料

音声通話機能付きSIMの場合は、電話を掛けると通話時間により、通話料が発生します。

  • 国内通話料:30秒あたり20円(税抜)

かけ放題オプション

電話をたくさん掛ける人のために、利用状況に合わせた「かけ放題オプション」が用意されています。

  • かけ放題ダブル:月額1,300円(税抜)
  • 10分かけ放題:月額850円(税抜)
  • 通話パック30:月額880円(税抜)

かけ放題ダブル

かけ放題ダブルは、通話料の多い上位3名の通話料を回数無制限で無料にします。

また、上位3名以外の人も10分までなら、回線無制限で無料となります。

10分かけ放題

10分かけ放題は、最近ではごく一般的な、一定時間内かけ放題のオプションです。

1回あたりの通話が10分以内であれば、回線無制限で無料となります。

通話パック30

通話パック30は、ひと月に掛けた通話時間が30分(通話料1,200円分)無料となる通話パックです。

余った通話分は、翌月に繰り越しができませんので注意しましょう。

なっとくプランのデータ通信

なっとくプランでは、当月に使いきれなかったデータ量を翌月に繰り越す事が出来ます。

繰り越したデータ量は、繰り越した月の月末まで有効になります。

利用可能データ量を超過した場合は、その月のデータ通信速度が最大128Kbpsとなります。

月5回までデータ量の追加が可能

LIBMOでは速度制限が掛かった場合に、データ量を追加する「データリチャージ」が可能です。

ひと月に出来るデータリチャージは、データ量に限らず5回までとなります。

  • 100MB:200円(税抜)
  • 1GB:1,000円(税抜)

追加したデータ量は90日間有効になります。

※ 現在LIBMOでは、1GBを追加した時の料金が500円(税抜)となるプログラムを実施中です。

また、このプログラムの終了日は未定となります。

なっとくプランのメリット

なっとくプランには、以下のメリットがあります。

  • 必要な利用データ量を選べる
  • 電話やチャットサポートあり
  • 静岡県では実店舗でもサポート可

必要な利用データ量を選べる

なっとくプランは、ご自身に必要な利用データ量に応じてプランが選べます。

キャリアの格安プランの場合は、月間20GBのみしか選ぶ事ができません。

データ量をそれほど利用しない場合は、適正なデータ量を選んだ方が、毎月の通信費は安く抑えられます。

電話やチャットサポートあり

LIBMOは格安SIMですが、しっかりと電話やチャットでのサポートがあります。

サポート体制がしっかりしていると、サービス内容や操作方法で困った場合に安心出来ます。

静岡県では実店舗でもサポート可能

LIBMOは、静岡県内にある「TOKAIモバイルショップ」でもサポートを受ける事が可能です。

相談可能な店舗数は、静岡県内に12店舗あります。

TOKAIモバイルショップ マークイズ静岡 / TOKAIモバイルショップ 唐瀬街道店/ iCracked Store 藤枝くりっぴープラザ/ iCracked Store 静岡マルイ/ TOKAIモバイルショップ 静岡パルシェ/ TOKAIモバイルショップ 袋井田町店/ TOKAIモバイルショップ 磐田駅南店/ TOKAIモバイルショップ イオン浜松西/ TOKAIモバイルショップ イオンタウン富士南/ TOKAIモバイルショップ 沼津店/ TOKAIモバイルショップ 沼津大岡店/ TOKAIモバイルショップ イトーヨーカドー三島

なっとくプランのデメリット

なっとくプランのデメリットは以下の通りです。

  • MVNOである
  • 事務手数料が掛かる
  • 音声通話SIMの場合は違約金あり

MVNOである

なっとくプランの料金は安いのですが、残念ながらLIBMOはMVNOです。

ドコモの通信網を利用しているといっても、利用する時間帯によっては、通信が混み合い「速度が遅い」と感じる可能性があります。

事務手数料が掛かる

なっとくプランでは、契約時に以下の事務手数料が掛かります。

  • 契約事務手数料:3,300円(税抜3,000円)

また、SIMカード1枚発行につき契約事務手数料が発生します

音声通話SIMの場合は違約金あり

LIBMOの音声通話SIMは、契約から1年以内の解約で違約金が発生します。

  • 契約解除料:10,450円(税抜9,500円)

解約をする場合は契約年数に注意が必要です。

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はLIBMOの新料金プラン「なっとくプラン」について記事にしました。

 

この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、TwitterFacebookInstagramでブログの更新など呟いています。

こちらからもご意見お待ちしています。


それでは。