Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【NURO光】標準速度プラン共通のメリット・デメリット

この記事をシェアする

f:id:ChikuNoShow:20201228220935p:plain

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。


今回はNURO光の標準速度プラン共通のメリット・デメリットについてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。

今回は「NURO光について教えて下さい」と、リクエストを頂いたので調べてみました。

 

それでは行ってみましょう。

NURO光とは

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光回線サービスです。

NURO光のプラン

NURO光は、個人向けとして6つのプランが展開されていて、大きく分けると「標準速度のプラン」と「高速通信のプラン」に分かれます。

標準速度のプラン

標準速度のプランは以下の3つとなり、通信速度や提供エリアについては全て同じです。

今回は標準速度のプランである「NURO光G2」と「NURO光G2V」、「NURO光forマンション」について紹介していきます。

高速通信のプラン

高速プランは以下の3つとなり、プラン毎に通信速度や提供エリアが異なります。

高速通信のプランについては、要望があれば別の記事を作成したいと思います。

プラン共通の機能と初期費用

それぞれのプラン解説の前に、共通の速度と初期費用をまとめました。

  • 上り最大速度:1Gbps
  • 下り最大速度:2Gbps
  • 契約事務手数料:3,000円
  • 基本工事費:40,000円

初期費用については、特典として実質無料になるプランや手続きがあります。

プラン共通のメリット

NURO光「標準速度プラン」共通のメリットは以下の通りです。

通信速度が速い

NURO光は下り速度が最大2Gbpsの為、標準速度のプランでも速いです。

また通常の光回線とは異なる通信規格の為、混雑しづらいという特徴もあり、快適に利用が出来ます。

無線LAN機能が標準装備

NURO光は通信規格が他のプロバイダと異なる為、NURO光用に開発された専用の機器を無料でレンタル出来ます。

専用機器には、無線LAN機能が搭載されているので、利用者が何も用意しなくても、開通したらすぐにWi-Fiが利用できます

Softbankユーザーはスマホ代が割引

SoftbankユーザーがNURO光を申し込むと、Softbank携帯電話の料金が安くなる「おうち割」が適用できます。

また、NURO光でんわも申し込むとIP電話宛の通話が無料になる「ホワイトコール24」もあります。

Softbankへ特典適用の申し込みが必要です。

プラン共通のデメリット

NURO光には、全プラン共通デメリットがあります。

  • 工事は立ち合いが必要
  • 途中解約で工事費残債一括請求
  • プロバイダメールが利用出来ない
  • 提供エリアが限られる

工事は立ち合いが必要

開通工事は宅内、屋外に関わらず申込者の立ち合いが必要となります。

途中解約で工事費残債一括請求

31ヶ月未満の解約やコース変更をすると、基本工事費の残債額を一括で支払う必要があります。

長期間「NURO光」を利用するのであれば、全く問題は無いデメリットですが、転居などが多い場合は、余計な出費となります。

プロバイダメールが利用出来ない

NURO光には現在プロバイダメールがありません。

Gmailがあればどうにでもなるので、あまり大したデメリットではありませんが、プロバイダメールが無いという事は覚えておきましょう。

提供エリアが限られる

NURO光は、他の光回線サービスプロバイダと比べると、提供エリアがとても狭いです。

NURO光を利用したくても、提供エリアでない為利用が出来ないということもあります。

利用可能なエリアにいるか、しっかりと確認をしておきましょう。

標準速度プランの提供エリア

北海道、関東(東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬)、東海(愛知 / 静岡 / 岐阜 / 三重 )、関西(大阪 / 兵庫 / 京都 / 滋賀 / 奈良)、九州(福岡 / 佐賀)※ 一部エリアを除く

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回は、NURO光の標準速度プラン共通のメリット・デメリットについて記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。

Chiku@chiku202006

こちらからのDMでもご意見お待ちしています。

 

それでは。