Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】低電力モードについて

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今日はiPhoneでアプリを低電力モードについてお伝えします。

充電をし忘れてしまった、使い過ぎてしまってiPhoneのバッテリーがない。
そんな時でも大丈夫。
iPhoneにも電池の消耗を抑える低電力モードという
ものがあります。

低電力モードの特徴

低電力モードではiPhoneの様々な機能に制限を掛けて電池の消耗を抑えてくれま

制限されるものは下の機能です。

  • メールの自動受信
  • HeySiri
  • アプリのバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • iCloud 写真 (一時的に停止)
  • 一部のビジュアルエフェクト

制限が掛かり少し使いづらくなりますが、充電するまでなので、我慢して充電器の場所までいきましょう。
充電して低電力モードをOFFにすればいいんです。
なので充電がピンチの時は低電力モードで凌ぎましょう。
また、 OFFにし忘れても勝手にiPhoneの充電が80%になれば低電力モードはOFFになってくれます。

低電力モードON/OFFの方法

  1. 「設定」を選択
  2. 「バッテリー」を選択
  3. 「低電力モード」をON/OFF

低電力モードの切替は非常に簡単です。
しかし毎日使うものでも無いのでいざと言う時に、「どこのあるかわからない」ということもあります。
そんな時のためにコントロールセンターに設置しておけば設定方法を忘れても大丈夫です。
下の方法で設置しておきましょう。

コントロールセンターに設置する方法

  1. 「設定」を選択
  2. 「コントロールセンター」を選択
  3. 「コントロールをカスタマイズ」を選択
  4. 「低電力モード」左の「+」を選択

これでコントロールセンターを表示して低電力モードのON/OFFが更に簡単になります。

 

 コントロールセンターの開き方は過去の記事をご覧ください。

chikuno.hatenablog.com

 

参考サイト

今回はApple公式サイトの下記記事を参考にしています。

よかったら見てください。