Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】機種変更前にやるべき事

こんにちわ。
Chiku blog 管理人のChikuです。
今回はiPhoneで機種変更前にやるべき事についてお伝えします。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「目次」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

Chikuは現在、iPhoneスマートフォン購入後のアフターサービスとして、お困り事の解決や操作方法を案内を7年程しています。
また、現在はdocomoの担当をしているので、ドコモに特化した内容も自信があります。
個人的にもドコモユーザーなので、実際の画面を確認しながら記事を書いています。

 

それでは行ってみましょう。

 

 

※この記事は、iPhoneからiPhoneへ機種変更することを前提として書いています。

 

本題に入る前に1つ質問があります。

機種変更が終わった後、今まで利用していたiPhoneをどうしますか?

  1. 自宅で保管
  2. Wi-Fiで利用(または別のSIMで利用)
  3. キャリアの下取り
  4. 知り合いに譲渡
  5. 売却

大体この5つのうちのどれかになると思います。

この後の操作は、この選択肢のどれかによって、必要かどうかが変わります。

 

Apple ID / パスワードの確認

全てのパターンで必要になります。

機種変更前のiPhoneでサインアウトをしたり、新しいiPhoneでサインインや、データの復元をする為に必要です。

 

Apple IDの場合は、「パスワードを忘れた」ということは少ないと思いますが、自分のパスワードが何なのかという事を念のため確認しておきましょう。

 

iPhoneのバックアップ

全てのパターンで必要になります。

 

機種変更で1番心配なのが

「ちゃんとデータを移せるのか」

「データはどうやって移すか」

という事だと思います。

 

iPhoneには、以下のようなデータ移行の方法があります。

  • クイックスタート
  • iCloudバックアップ
  • iTunesバックアップ
  • その他の方法

 

クイックスタート

2台のiPhoneを並べて簡単にデータ移行が出来ます。

クイックスタートはiOS11から利用が出来ます。

また、データのダウンロード(アプリのダウンロード時や、移行にiCloudを使った場合)はデータ量が掛かるのでWi-Fi環境がある方が良いです。

 

iCloudバックアップ

AppleクラウドiCloud」にバックアップを取る方法です。

 

iPhoneで同期をしていないデータと、iCloudに対応しているアプリをバックアップ出来ます。

 

非常に便利なバックアップですが、難点としてはiCloudストレージを消費します。

また、iCloudストレージは同期にも使われるので、写真をたくさん撮っている場合などは、ストレージを買い足すか、データを別の場所に逃す必要があります。

 

iTunesバックアップ

パソコンにAppleのソフト「iTunes」を経由してバックアップを取る方法です。

 

iPhoneの中身を丸ごとバックアップ出来るので、データの復元度合いはiCloudよりも高いです。

また、保存先がパソコンの中なので、パソコンの空き容量が許す限り、無制限にバックアップが取れます。

 

難点としては、パソコンを持っていないとバックアップが出来ないことと、パソコンのある場所でしかバックアップが取れない事です。

パソコンを持っている場合は、クイックスタートで移行するにしても、念のためiTunesでバックアップをとっておくと良いと思います。

 

その他の方法

写真をGoogleフォトにバックアップしたり、個々にアプリのデータ引継ぎをしたりする方法です。

iPhoneは、クイックスタートやバックアップが非常に優秀な為、ほとんど使うことは無いです。

 

各アプリのバックアップ

全てのパターンで必要になります。

各アプリが推奨するバックアップやデータ移行のことです。

 

iPhoneのクイックスタートやバックアップで、アプリを移行できても、アプリを開くとパスワードが求められたり、事前に認証操作を行なっていないと使えないアプリがあります。

 

具体例としてはLINEです。

iCloudバックアップでLINEのデータ移行はされますが、使う為にはLINEのパスワードが必要です。

また、元のiPhoneで「アカウント引き継ぎ設定」をしておかないと、ログインが出来ても「引き継ぎ設定が出来ていない」と表示され使えません。

 

各アプリのヘルプや、提供元のサイトを確認しましょう。

 

iCloudからサインアウト

「3」「4」「5」の場合に必要で、状況により「2」の場合も必要です。

iCloudからサインアウトをする理由としては、iCloudの機能である「探す」または「iPhoneを探す」をオフにする為です。

 

iPhoneの初期化をすれば、データなどは消えます。しかし、内部にApple IDの情報が残っている為、再度使いはじめる際にはApple IDでサインインをしないとiPhoneが利用できません。

 

アクティベーションロックは、下取りや譲渡、売却時に起きやすいトラブルなので、前もってiCloudからのサインアウトを行っておきましょう。

 

もしもサインアウトを忘れた場合

iPhoneのリセット(初期化)」でサインアウトが出来ます。

また、以前のiPhoneを手放した後でも、新しいiPhoneで「探す」アプリからサインアウトをする事も出来ます。

しかし、後からサインアウトをするのは、時間も取られますし、めんどくさいので、出来れば前もってやって置きましょう。

 

SIMロック解除

「4」「5」の場合に必要です。

キャリアが端末に掛けているロックの事です。

 

SIMロックが掛かったままだと、他社のSIMカードを入れてiPhoneを利用する事が出来ません。

知り合いへの譲渡や売却をする場合は、SIMロック解除の手続きをしておきましょう。

 

SIMロック解除手続きには、iPhoneの「IMEI」が必要になります。

 

SIMロック解除については、以前に記事を書いていますので、 ( SIMロック解除について ) を参照して下さい。

 

iPhoneのリセット(初期化)

「3」「4」「5」の場合に必要で、状況により「2」の場合も必要です。

iPhoneを買った時の状態に戻す操作となります。

 

新しいiPhoneでバックアップから復元をした後も、旧iPhoneで各データを確認する事が出来ます。

Wi-Fi通信が必要なものもあります。

新しいiPhoneに「しっかりとデータが移りました」と確認が取れてから行うようにしましょう。

 

iPhoneのリセット手順は

  1. 「設定」アプリを起動
  2. 「一般」を選択
  3. 「リセット」を選択
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

と進んでいく事で行う事が出来ます。

 

Apple IDのサインアウトを行っていない場合は、リセット時にApple IDのパスワードを入力してサインアウトをします。

サインアウトは通信を利用するので、自宅またはテザリングなどでWi-Fiに接続した状態で行いましょう。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回はiPhoneで機種変更前にやるべき事について記事にしました。


この記事の内容で、気になる事や疑問またはご指摘があればコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

また、Twitterでブログの更新など呟いています。
Chiku@chiku202006こちらからのDMでもご意見お待ちしています。


それでは。