Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【iPhone】6つのリセット機能について解説

この記事をシェアする

こんにちわ。Chikuです。
今回はiPhoneの6つのリセット機能について解説します。

iPhoneには端末トラブル時や履歴の削除等の用途に合わせて6つのリセット機能が備わっています。

内容に入る前に軽く自己紹介させていただきます。
ご存知の方は飛ばしてください。

ChikuはスマホiPhoneの操作わからないお客様や、機器のトラブルでお困りのお客様に、操作方法やトラブル解決方法を案内する仕事をしています。

また、この記事はiPhoneを初めて使う方に向けて書いています。

6つのリセット

iPhoneに備わっているリセット機能は以下の6つです。

  • すべての設定をリセット
  • すべてのコンテンツと設定をリセット
  • ネットワーク設定のリセット
  • キーボードの変換学習をリセット
  • ホーム画面のレイアウトをリセット
  • 位置情報とプライバシーをリセット

操作方法

リセット画面まで進む手順は6つとも共通の操作となっています。

  1. 「設定」を選択
  2. 「一般」を選択
  3. 「リセット」を選択
  4. 行いたいリセットを選ぶ

選んだリセットによっては、パスコードを求められたり、「本当にリセットしますか」と表示されるので、それでもリセットを選ぶと実行されます。

各リセットでどのようになるのか

それぞれのリセットをするとどう言った状態になるのかと、どのような時にやるのかを見てみましょう。

すべての設定をリセット

iPhoneの設定だけがリセットされます。
一部消えないデータもありますが、ほぼ消えるという認識でいいと思います。
主にiPhoneの操作で問題が発生した時に行います。

すべてのコンテンツと設定をリセット

iPhoneの初期化です。
主に機種を交換し返却する際や、ご友人などに譲渡する時などに初期化すると思います。
また、iPhoneのトラブル発生時にも行うことがあります。
こちらの操作をする際は、事前にバックアップを取っておいた方がいいでしょう。
また、iPhoneApple IDとパスワードが必要になるので初期化前に調べておいたほうがいいです。
iOSは削除されません。

ネットワーク設定のリセット

通信をリセットします。
こちらもトラブル対策でやることが多いです。
モバイル通信以外にもWi-Fibluetoothなどの設定がリセットされますので、リセット後再度接続する設定が必要です。
意外とやることが多いリセットです。

キーボードの変換学習をリセット

文字入力の履歴や変換履歴が削除されます。
誤入力等でiPhoneが覚えてしまった不要な変換をすべて削除します。

ホーム画面のレイアウトをリセット

ホーム画面のアプリの配置が初期配置に戻ります。
フォルダにまとめていたものも、すべてリセットされるので、ホーム画面のアプリやショートカットがおおいと戻すのが大変です。
使用頻度は少な目です

位置情報とプライバシーをリセット

アプリの初回起動時に位置情報を使うかどうか選択する画面が出たことがあると思います。
その選択した設定をリセットします。
使用頻度は少な目です。

最後に

以上がiPhoneに備わっているリセットになります。

正直使わないリセットもありますが、最初の3つのリセットについては使う機会があるかもしれませんので認識しておいていただければと思います。

ではまた