Chiku blog

スマホやiPhoneの操作担当者が、初心者向けにiPhoneやスマホの使い方を書いてます。

【Twitter】英語でツイッターはじめました。

この記事をシェアする

こんにちわ。

Chiku blog 管理人のChikuです。

今回はTwitterを英語で始めてみた話です。

 

内容に入る前に軽く自己紹介させて下さい。
ご存知の方は「この記事を読む事で」まで飛ばしいただいて大丈夫です。

 

ChikuはTwitter超初心者です。

このブログは2020年6月から始めていますが、この「はてなブログ」にTwitterとの連携機能があったので、登録をして使ってみました。

 

最初は便利さも何もわからずに投稿してました。

途中から便利さに気がつき、今でも継続して利用しています。

 

Twitterに対しての気づき等は、過去に記事を書いています。

【Twitter】やって良かった事と失敗した事 - Chiku blog

興味がある方は参照してみてください。

 

ブログの更新を発信しているアカウントはこちらです。

Chiku@chiku202006

 

この記事を読む事で

英語でTwitterをしたい人、やってみましょう!

誰もみていないので間違っても安心です。

それでは行ってみましょう。

 

 

英語のTwitterアカウント

ブログ更新のTwitterアカウントとは別に、専用のアカウントを作りました。

 

あとは英語アカウントを作るためにGmailも1つ作りました。

 

英語専用に作ったアカウントはこちらです。

Chiku@Chiku202007

 

よかったらフォローして下さい。

 

始めたきっかけ

Chikuはもともと英語が好きで憧れています。

 

今年の目標は英会話を出来るようにする!

 

毎年建てる目標です。

目標だけで具体的に何をすればいいのかわからず、行動を起こせないので、毎年の目標になっています。

 

  • 海外ドラマを字幕なしで見たい
  • 海外の友達が欲しい
  • 日本語で海外の方と英語で喋りたい

 

やりたい事はあっても、行動しなければ毎年目標が変わりません。

 

ということで、毎日英語を考えてTwitterで発信するという、小さなスタートをする事にしました。

 

英語Twitterのルール

自分が英語Twitterを継続するために決めたルールです。

 

1日1回、英語でツイートする

 

これだけです。

 

内容も「立派な事」や「哲学的な事」を書くのではなく、「今日はいい天気だな」とか「電車乗りたくないなぁ」など、たわいもない事や感情を1日1回ツイートします。

 

英語でのつぶやき方

最初に言っておきますが、Google翻訳は使います。

しかし、極力Google翻訳に頼らないようにやっていました。

 

ツイートしたい内容を分解し、3語くらいに収まるように考えてから、英語に変換しました。

 

具体的に言うと

「わたしは ◯◯ しました。」

という文章にしてから、英語に変換します。

 

なるべく自分の頭で考えて、わからない単語やスペルの部分をGoogle翻訳の力を借りてツイートする様にしました。

 

1ヶ月やってみて

英語でのツイートを1ヶ月継続してみましたが、結構な頻度でGoogleの力を借りました。

 

高校卒業後から、まともに英語に触れていないので単語やスペルが全然わからなかったです。

 

ただ、継続ってすごいですね。

毎日英語を考えた甲斐があって、簡単な単語なら連想出来る様になりました。

  • good weather
  • do my best today

などなど。

 

また現時点では、英語を話す友達を作る事は出来ませんでした。

 

どういったハッシュタグを使うべきか等も分かってないので、おそらく誰の目にも止まることなく流れているのでしょう。

 

英語でツイートしても、最初はほとんど反応ありませんでした。(現在も反応無しですけどね)

なので、最初のうちはツイートをいっぱいしても、英語の間違いを指摘するような人はいないので、

どんどんツイート出来るなと感じました。

 

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

今回は英語でTwitterを始めてみたお話でした。

完全に勢いで始めたので、ただツイートをする事しかできていません。

 

今後も英語Twitterを続けていく中で「こういうハッシュタグを使うと良いよ」とか、「こういう内容のツイートだと海外の方は興味を持つよ」というのがわかれば改めて記事にしてみたいと思います。

 

また、もし英語Twitterを既に実践している方が、ChikuのTwitterを見て思う事があれば、どんな内容でも構いませんので、コメントや問い合わせフォーム、またはTwitterのDMなどで連絡ください。

 

それでは。